2021.10.4
『藤田嗣治 ~白い暗闇~』で、アンサンブルキャストを追加することになりました。
伊藤大貴、浦嶋建太、堀慎太郎の3名です。

2021.10.1
『エーリヒ・ケストナー ~消された名前~』の舞台映像をアンコール配信します!
配信期間:2021年10月4日(月)~2021年10月17日(日)23:55 料金:1,500円
(※期間中は何度でもご覧いただけます。)

2021.9.30
『エーリヒ・ケストナー ~消された名前~』が、第27回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補にノミネートされたことを受け、
昨年上演時の 古川健氏(劇作家・劇団チョコレートケーキ所属)とのアフタートークを無料公開しました。

2021.9.29
鈴木アツトの戯曲『エーリヒ・ケストナー ~消された名前~』が、
第27回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補にノミネートされました。

2021.8.9
10月・11月公演『藤田嗣治 ~白い暗闇~』の公演詳細を公開しました。

2021.7.16
『藤田嗣治 ~白い暗闇~』の出演者が決定しました。
間瀬英正、廣田明代、泉正太郎、灘波愛、山村茉梨乃、杉林志保、片村仁彦、二條正士、井上一馬の9名でお届けします。

2021.5.23
『藤田嗣治 ~白い暗闇~』の戯曲の一部を公開しました。

2021.5.14
鈴木アツトが、韓国新人劇作家シリーズ第6弾にて、『親切なエイミ先生の一日』を演出します。チケットのご予約はこちら。

2021.5.1
「国家と芸術家」三部作公演に向けて、制作及びアシスタントプロデューサーを募集します。

2020.12.25
毎日新聞の夕刊で、『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』の劇評が、写真付きで取り上げられました。

2020.8.1
鈴木アツトの短編戯曲『3℃の飯より君が好き』が、
せんだい短編戯曲賞の最終候補にノミネートされました。

2019.8.13
第24回公演「瘋癲老人日記」のアフタトークに演出家の鈴木裕美さんが出演します。
10/3(木)19:30の回「小説をどう舞台化する?原作と俳優の魅力を引き出す演出とは?」

2019.3.17
鈴木アツトが、ポーランドのTeatr Dzieci Zaglebia im. Jana Dormana(ドルマーナ劇場)に、
演出家として招聘され、2019年5月~6月に現地で子ども向け演劇作品を、滞在創作します。

2019.3.1
鈴木アツトの戯曲四篇が、インターネットの虚空文庫で読めるようになりました。

2018.12.10
鈴木アツトが、M.M.S.T.主催、宗像スキャンにて、演出を担当します。

2011.04.21
「週間マガジン・ワンダーランド」(2011年4月20日発行 第237号)に
韓国演劇見学記2011「国境を越えられる演劇って何だろう?」 を寄稿しました。