劇団 印象 -indian elephant-

Profile

ここしばらく、考えていたんだけどさあ、 イメージの日本語訳ってなんだろうってことなんだよね。 イメージが膨らむ、なんて言うよね。 でも、イメージはカタカナで外来語なわけだよ。 漢字で「イメージ」の持つ気分を表現できないかなあ。 (歴史的には、漢字も外来語なんだけどね)

で、大阪へ行く用事があって、新幹線の中で窓の景色を見ていたら、 「印象」って言葉が頭の中から出てきた。 印象はimpressionって訳されるけれども、 それは、イメージを外に押し出した時が、expression(表現)で、 イメージを内に蓄える時はimpression(印象)なのかな、 つまり、どちらも、表現も印象もイメージの在り方なんだなと思ったわけであります。 印象派っていう画家グループは、絵画におけるイメージの 在り方を変えた人たちなわけだしね。

俺らは、表現をする人なんだけど、表現にとって、 内的イメージってものすごく大事。 で、印象は(いんしょう)と読むけども、(いんぞう)とも読める。 印象=印度象=「indian elephant」になるわけ。 インディアン・エレファント、語呂はいい。 劇団印象=内なるイメージをもつ表現集団の誕生であります。

BACK