鈴木アツト

主宰/劇作家/演出家
東京都出身

ブログ:https://note.com/atsuto_suzuki


劇作家としてのメインテーマは「出産・妊娠」。演出家としては、「韓国」と「タイ」の戯曲を演出することが多い。
子ども向け演劇の作り手でもあり、世界中のTYAフェスティバルで上演するのが夢。
外国語は、英語(English)と韓国語(Korean)がまあまあ使える。


主な活動・執筆歴

■劇団印象公演
第19回公演「グローバル・ベイビー・ファクトリー」他20作品以上

■外部演出

2019

ポーランド・ベンジン市のドルマーナ劇場から招聘。幼児向け作品『Ciuf Ciuf!(チュフ・チュフ)』(作・演出)

2018

韓国現代戯曲ドラマリーディング「クミの五月」(演出)
(シアタートラム)

2013

韓国現代戯曲ドラマリーディング「海霧」(演出)
(シアタートラム)

■外部執筆

2005

舞台「私とワタシの四畳半」
(AAPA・プロデュース)

舞台「檻の中の健忘症」
(AAPA・プロデュース)

■主な受賞歴

2020年、第7回せんだい短編戯曲賞 最終候補作:『3度の飯より君が好き』

2015年、文化庁・新進芸術家海外研修制度研修員として、ロンドンに10ヶ月留学し、現地の児童青少年演劇の創作方法を学ぶ。

2013年、日本演出者協会若手演出家コンクール2012 観客賞・優秀賞受賞

2012年、第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補作:『グローバル・ベイビー・ファクトリー』

■今後の予定

2021年10月
劇団印象-indian elephant- 第27回公演
『藤田嗣治~白い暗闇~』