2019年04月26日
 ■  ポーランドへ行く準備その1 Gardzieniceについて

本来ならもっと読まれるべき本なのに、ほとんどの俳優に知られていないのが、「二十世紀俳優トレーニング」という本だ。スタニスラフスキー、ブレヒト、マイズナー、ピーター・ブルックを網羅しているし、世界的に高名な(日本では知られていないが)、他の演出家の俳優トレーニングについても書かれている。

偉そうに言っているが、私は、全編を読んでない。だって、難解なんですもの。一度読んだだけでは内容が理解できないのだ。ただ、事ある毎にページはめくっていって、メイエルホリドを知ったのはこの本でなので、メイエルホリドの章だけは何度も読んでいる。

いよいよ、ポーランド行きが、二週間後に迫っていて、そういえば、グロトフスキってポーランド人じゃなかったっけ?って思って、調べたら、この本には、グロトフスキともう一人、ヴオジミェシュ・スタニエフスキという、ポーランド人の演出家も載っていた。劇団ガルジェニッツェ?Gardzienice?

なんか、聞いたことがある。Londonで、「ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち」の作者Danielから聞いたのだ。彼とEmma Riceが若い頃に影響を受けたのが、Gardzieniceという劇団だった。思い出した!こうして、Londonでの3年前の会話が、今日、再び脳裏に戻ってきた。Gardzienice!について、せっかくだから、調べよう!

投稿者 atsuto : 2019年04月26日 10:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/890

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)