2017年09月02日
 ■  僕の「イディッシュ語」の時間

自分でも愚かだなあと思うのだけど、新しい言語を勉強し始めてしまった。その言語の名は、「イディッシュ語」。東欧やロシアを中心に住んでいた、ユダヤ人が使っていた言葉で、基礎となったのはドイツ語だが、文字はヘブライ文字を使う。きっかけは、たくさんあるのだが、その内の一つがこの画像の、イディッシュ語の詩を読みたかったからである。ちなみに、イディッシュ語は、右から左へと読んでいく。

今週、東京外国語大学が主催する、3日間のプログラム「イディッシュ語入門」を受講した。毎朝3時間20分、イディッシュ語をゼロから学んだ。そして、驚いたことに、そのたった3日間で、ヘブライ文字の活字体が読めるようになった。単語の意味はわからないけど、どういう音なのかがわかるようになったのだ。

2日目の朝、外語大のキャンパスまでの一時間の通学時間の間、前日の授業で学んだことを踏まえて、僕はこの画像の詩と、ヘブライ文字と翻字の対応表を交互に見ながら、一字ずつ音を読んでいくという練習をしてみた。すると、語尾が同じ文字=音で終わることが多いことに気づいていく。この詩で言えば、「S」や「T」や「N」や「R」といった音が、単語や文の終わりに来る。つまり、「S」や「T」や「N」や「R」がこの“言語”の音のリズムを作っていて、それが言葉の意味はわからなくても、耳に心地よく響き始めるのだった。

keyner.jpg

語末や文末のリズムに慣れていくと、次に語中のリズムに目が行き始める。この詩の文字を見ていくと、語中に、英語の「“」二重引用符に似ている文字がたくさん出てくるのがわかると思う。これは「ey(エイ)」という音を表す記号で、この詩の一行目には、なんと、3回も「エイ」があるのだ。えいやっ!ここまで来たら、もうこっちのもの。イディッシュ語が、昔からの友人のように思えてきて、読むのがどんどん楽しくなっていった。

未知の文字を覚えるということは、想像するより難しいことではないのかもしれない。英語のアルファベットを3日間で覚えろと言われても、そんなに難しくは感じないでしょ?つまり、知らないことは難しく思える。でも、難しいと思えても、最初の一歩を踏み出してみれば、意外とサクサク進んでいくということは、人生でよくあることなのだ。

「イディッシュ語」という、日本で生きていくためには全く必要のない言語を、真剣に学びながら、僕は、人生における「教養」の意味や、学び続けることの意味を、気づけば考えていた。学べば学ぶほど、もっと知りたいと思う未知の事象は増殖していき、人の生の短さを実感する。僕は、もう、今後は「イディッシュ語」を、継続しては勉強しないと思う。今回の10時間だけが、僕の「イディッシュ語」の時間だった。でも、この詩の、ヘブライ文字の音が読めた時の感動は、きっと忘れないと思う。たとえ、1年後には、その読み方を忘れてしまい、この詩が、ただの見知らぬ文字の連なりに戻ってしまったとしても。