2017年06月28日
 ■  【ハンナとハンナ】私がオジサンになっても

もし、あなたが住んでる町に、突然、難民が押し寄せきて、
しかも、彼らは、あなたの税金で生活保護を受け始めたら、
あなたは、何を思うだろうか?

「ハンナとハンナ」という物語の、魅力の一つは、
そんな「もし」を、あなたに訴えかけてくるところにある。

1999年の夏、イギリスのマーゲートという小さな町が舞台だ。
20年近く前のイギリスの片田舎の話。
観客の想像力がそこに留まってしまったら、演出の失敗だろう。
2017年の、日本の観客が見るのに、ふさわさしい作品にするには、
どうしたらいいのだろうか。

IMG_0490-p.jpg

出演者は若い。16歳と20歳、アンダースタティーは24歳。
もう私は、はっきりと確実にオジサンに写ってしまっている。

稽古はおもしろい。若いからか、漢字が読めない。
一人が、乳母車を「にゅうぼしゃ」と読んだ時には、
私は、爆笑してしまった。別のスタッフからは、
「今は、ベビーカーだったり、バギーだもんね」という言葉が飛ぶ。
言葉は更新されていくのか、良くも悪くも。

若いからか、知識も技術もない。
けれども、だからこそ、演技に変な癖がついておらず、
こちらが言ったことを、渇いたスポンジのように、
あっという間に吸収していく。これが、若さなのか。
自分もこの年代の時には、こうだったんだろうかと思うくらい、
とてつもないスピードで成長していくのが、わかる。

この人たちと、2017年の、日本版「ハンナとハンナ」を作るのである。

『ハンナとハンナ』リーディング上演
と難民をめぐるディスカッション@2017年7月11日
http://iti-japan.or.jp/announce/4279/

投稿者 atsuto : 2017年06月28日 09:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/884

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)