2016年06月24日
 ■  London日記 7ヶ月と24日目

I don't mind whether you chose "Brexit" or "To Remain". I don't think that all sorts of "Brexit" are wrong. It depends on what and how you can create. I mind whether you can create good "Brexit" or "bad Brexit" from now on.

However I found our democracy scary through this "Brexit" discussion. The democracy forces us to simplify complicated issues. Why are there only two choices?

There are lots of diffrent motivation to choose "Brexit" or "To Remain". But most people prefer a simplified result.

The result is just a beginning point. Don't stop thinking. Keep thinking.
What is nation? What is fairness?

6月24日。イギリスが、国民投票によって、EUを離脱することを決まったその日、(投票は23日だが、投票結果が出たのが24日。)私は、ハイドパークの隣にある、ケンジントンガーデンの中で、フォーラムシアターの公演に、パフォーマーとして参加した。まず、公演そのものよりも、EU離脱に対しての、反応を描写しておきたい。

「EU離脱」の決定は、多くのロンドナーにショックを与えている。それは、人によっては、「世界の終わり」かのように表現する人もいて、やや過剰な反応なように、私の目には、映った。

「EU残留」派にとって、「EU離脱」は、人類の「理念」を傷つけられたかのように、あるいは、「否定」されたかのように、感じられるようだ。たしかに、第二次世界大戦後、二度と戦争を起こさないように、と作られた「EU」。そして、「EU」市民なら、誰がどの国に住むのも自由、という素晴らしい「理念」に向けての「行動」は、一歩後退したと言わざるをえない。

しかし、私の知る「EU離脱」派は、「EU」の理念を、傷つけたり、「否定」したりする目的で、「EU離脱」に一票を投じたわけではなさそうだ。「EU」が、一つの国になっていくその過程において、EU議会が様々な統一ルールを決めていくのだが、そのルールの決め方や、ルールそのものに対して、「おい、それはないだろう」と思ったということなのだ。つまり、「理念」の否定ではなく、「手法」の否定なのだと、私は考えている。

私が、瑣末だが、でも、興味深く重要だと思ったルールに「チョコレートの法律」があって、EUの規格によって、カカオ(か何か)の含有量が決まっていて、イギリスのいくつかのチョコレートは、チョコレートして認められない、ということがあるらしい。それまで、食べていたあんこが、砂糖とあずきの含有量が違うので、あんことして名乗っちゃいけない。そう言われた時に、日本人のあなたならどう反応するだろうか?

もちろん、チョコレートは瑣末なほうの話だが、こうしたEUが決めた様々な「法律」やEU議会に対する「反発」、EUの「手法」に対する否定が、「EU離脱」派の言い分で、なのに、「EU残留派」は、「理念」を否定されたかのように受け取っていて、論点がずれたまま、対立してしまっている、というのが私の認識だ。

問題は、これからだと思う。私は、全ての"Brexit"(EU離脱)が悪いことだとは思わない。悪い"Brexit"もあるし、いい"Brexit"だって、きっとあると思う。大切なことは、「単純化」をしないことだ。最も危険なことは、政治家の出世に利用されることだろう。

人々は、難しい問題を複雑なまま、理解するのを拒む。また、不安を前にすると、あっという間にわかりやすい答えに手を伸ばしてしまう。「残留」か「離脱」かが問題ではなく、よく考えて投票した人がどれだけいたのか、そして、逆の立場の人たちが、何と何と何を考えて投票したのか、あるいは、どんな人たちが、あまり考えずに投票したのか、それを想像することが大事だと思う。

ということを英語で書けたり、話せたりするほど、この留学中に、私の英語力は進歩しなかった。誠に残念だ。パフォーマンスについては、また次回、書きます。

投稿者 atsuto : 2016年06月24日 21:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/860

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)