2016年06月24日
 ■  London日記 7ヶ月と24日目

I don't mind whether you chose "Brexit" or "To Remain". I don't think that all sorts of "Brexit" are wrong. It depends on what and how you can create. I mind whether you can create good "Brexit" or "bad Brexit" from now on.

However I found our democracy scary through this "Brexit" discussion. The democracy forces us to simplify complicated issues. Why are there only two choices?

There are lots of diffrent motivation to choose "Brexit" or "To Remain". But most people prefer a simplified result.

The result is just a beginning point. Don't stop thinking. Keep thinking.
What is nation? What is fairness?

6月24日。イギリスが、国民投票によって、EUを離脱することを決まったその日、(投票は23日だが、投票結果が出たのが24日。)私は、ハイドパークの隣にある、ケンジントンガーデンの中で、フォーラムシアターの公演に、パフォーマーとして参加した。まず、公演そのものよりも、EU離脱に対しての、反応を描写しておきたい。

「EU離脱」の決定は、多くのロンドナーにショックを与えている。それは、人によっては、「世界の終わり」かのように表現する人もいて、やや過剰な反応なように、私の目には、映った。

「EU残留」派にとって、「EU離脱」は、人類の「理念」を傷つけられたかのように、あるいは、「否定」されたかのように、感じられるようだ。たしかに、第二次世界大戦後、二度と戦争を起こさないように、と作られた「EU」。そして、「EU」市民なら、誰がどの国に住むのも自由、という素晴らしい「理念」に向けての「行動」は、一歩後退したと言わざるをえない。

しかし、私の知る「EU離脱」派は、「EU」の理念を、傷つけたり、「否定」したりする目的で、「EU離脱」に一票を投じたわけではなさそうだ。「EU」が、一つの国になっていくその過程において、EU議会が様々な統一ルールを決めていくのだが、そのルールの決め方や、ルールそのものに対して、「おい、それはないだろう」と思ったということなのだ。つまり、「理念」の否定ではなく、「手法」の否定なのだと、私は考えている。

私が、瑣末だが、でも、興味深く重要だと思ったルールに「チョコレートの法律」があって、EUの規格によって、カカオ(か何か)の含有量が決まっていて、イギリスのいくつかのチョコレートは、チョコレートして認められない、ということがあるらしい。それまで、食べていたあんこが、砂糖とあずきの含有量が違うので、あんことして名乗っちゃいけない。そう言われた時に、日本人のあなたならどう反応するだろうか?

もちろん、チョコレートは瑣末なほうの話だが、こうしたEUが決めた様々な「法律」やEU議会に対する「反発」、EUの「手法」に対する否定が、「EU離脱」派の言い分で、なのに、「EU残留派」は、「理念」を否定されたかのように受け取っていて、論点がずれたまま、対立してしまっている、というのが私の認識だ。

問題は、これからだと思う。私は、全ての"Brexit"(EU離脱)が悪いことだとは思わない。悪い"Brexit"もあるし、いい"Brexit"だって、きっとあると思う。大切なことは、「単純化」をしないことだ。最も危険なことは、政治家の出世に利用されることだろう。

人々は、難しい問題を複雑なまま、理解するのを拒む。また、不安を前にすると、あっという間にわかりやすい答えに手を伸ばしてしまう。「残留」か「離脱」かが問題ではなく、よく考えて投票した人がどれだけいたのか、そして、逆の立場の人たちが、何と何と何を考えて投票したのか、あるいは、どんな人たちが、あまり考えずに投票したのか、それを想像することが大事だと思う。

ということを英語で書けたり、話せたりするほど、この留学中に、私の英語力は進歩しなかった。誠に残念だ。パフォーマンスについては、また次回、書きます。

2016年06月19日
 ■  London日記 7ヶ月と19日目

Sto studiando italiano.
Penso di parlare l'inglese non è un vantaggio più in Giappone.
Ho deciso di iniziare a studiare italiano.

Mi piace la frase di "mi prendi in giro".
"In giro" significa "in circe"
Perchè "Do you take me in circle" significa "Are you kidding me"?
È attraente.

私は、今、イタリア語を勉強している。様々な理由がある。
その内の一つが、"Mi prendi in giro?"というフレーズだった。
これは、 "Are you kidding me?"という意味なんだけど、
直訳すると、"Do you take me in circle?"という意味なのだ。
「輪の中に入れる」ということが、からかうを表現するという概念に、
私は、久し振りに、言語的にクラクラしてしまったのだ。
魅了されたと言ってもいい。こういうことがあるから、語学は止められない。

語学学校には、たくさんイタリア人がいて、
Voglio sapere tutto di te.とか、
Non posso vivere senza di te.とか、
Ricordati di me qualche volta.とか、
言うと、女性はみんな嬉しそうだから、たくさん余計なフレーズを覚えてしまう。

一度、私は、お腹を空かせている様子のイタリア人の女友達に、
バナナを取り出して、「Vuoi mangiare la mia banana?」と聞いたら、
大爆笑された。つまり、バナナには、下ネタの意味もあって、
あっちのバナナだと勘違いされたのである。

というわけで、今後は、しばらく、イタリア語でも、日記を書いていこうと思う。

2016年06月18日
 ■  London日記 7ヶ月と18日目

I'd just like to let you know about my show.

Now I'm involved in Implicated Theatre Project which is a kind of Forum theatre and a story about immigrants.
The performance is interactive and political.
If you're interested in it and can make it, will you let me know?

The date:24 June at 20:00-22:00
The vene: Serpentine Galleries
Kensington Gardens, W2 3XA London, United Kingdom

See you soon! x

というわけで、Implicated Theatreの発表公演が、6月24日(金)の20時から、ハイドパークの隣りの、サウス・ケンジントンガーデン内のSerpentine Galleriesであります。セミ・パブリックの会場での公演になります。写真の現代的な建築が、その会場です。この中でやります。雨だと、多少、雨漏りをするようですが、観客用のポンチョはあるそうです。ただ、防寒対策はしてきていただいたほうがいいです。

昨日は、朝10時から午後2時まで稽古、その後、参加者全員で会場見学をしました。稽古では、演出家と演出助手による、稽古の進め方での意見の対立がありまして、演出助手の表情がとても暗かったのですが、周りの他の参加者は誰も気にしていない様子でした。空気が読める日本人を自称する私は、なんだかとても居心地が悪かったのです。言葉が完璧にわからない私にとって、稽古場における、「笑顔」という要素は、とても大事なものなんだと実感しました。

休憩時間中、一人のイギリス人のオジサンの参加者が、私に話しかけてきて、「Atsu, 日本で君が演出する時、稽古場に演出家が二人いることはあるのか?」と尋ねてきたのです。私は、びっくりしました。そうなのです。みんな、稽古場の不穏な空気が読めていたのです(笑)気にしてないように見えて、ちゃんと気にしていたのです。

私は、時々、日本人について、inscrutableだと感じる時もあるけど、外国人も、inscrutableだなと思う時も多くて、つまり、表情から何を考えてるのかわかんねえなと思う時が多々あって、でも、それは慣れの問題なのかなと、最近思うようになってきました。つまり、相手の表情から見える繊細な感情について、こっちが慣れてないだけなんじゃないかと思うのです。兎にも角にも、心からの「笑顔」は人を安心させます。日本では、稽古場でしかめっ面をしてることが多い私は、大いに反省したと共に、また一つイギリスが好きになったというか、慣れたのでした。

2016年06月11日
 ■  London日記 7ヶ月と11日目

先週も書いたが、私は、今、
「IMPLICATED THEATRE」のワークショップに参加している。専門的なことを書くと読む人が減るので、一言だけ書くと、これは、BoalのForum Theatreのmethodを使ったワークショップだ。

今年のテーマは、「移民・難民」。参加者は、移民や難民になり(もしくは、参加者自身が移民や難民である。)、それぞれの家族に別れを告げ、今、ロンドンの、あるレストランで、ウェイターの職についていて、あなた(観客)の前に、トレイ(お盆)を持って立っている、という設定だ。

トレイを使って、様々な演劇的なイメージを作る。ある者たちが、トレイを頭に載せ、それがテーブルの天板になる。テーブルの下でもがく移民たちと、テーブルの上で食事を楽しむ人々のイメージ。またある時は、トレイは、経営者(資本家)から自分の身を守るための、従業員たちの盾に変わる、イメージ。

これらのイメージを観客参加型の演劇にすることによって、観客自身も、資本主義の世界の中で、知らず知らず搾取する側に回っていることを、認識させる仕掛けになっている。

そして、本番まで2週間を切ったのだが、その過程で、人形劇のワークショップで経験したことと同じことが起こっている。このチームでも、次々に新しいアイディアを採用するため、練習時間が、新しいアイディアが使えるかどうかの検証で無くなり、構成が最後まで終わらないから、後半何をするのかわからないし、練習量が圧倒的に足りない。そして、欧米ではよく言われることだが、参加者の発言量は多い。

僕は前に、日本人は完成度を高めるのが好きで、こちらでは、新しく面白いアイディアが好き、と書いたが、これは好き嫌いの問題ではなく、責任の果たし方の違いなのではないかと今日思った。日本人は、こういう状況だと、黙って、流れを見ながら(空気を読みながら)、自分のパフォーマンスのクオリティーを上げることを黙々とやる、そういう責任の果たし方なのではないか?こちらでは、発言をすることが責任の果たし方なのだ。議論に参加し、どう思っているかを言うことが責任の果たし方なのだ。

こちらの”Responsiblity"が日本の「責任」よりも、常に必ずしも、優れているとは思わないけれども、今、私はLondonにいて、郷に入れば郷に従わなければいけないのである。そして、パフォーマンスのクオリティーを気にする日本人が、正しくない発音とデタラメな文法になることを恐れずに、(いや、そんなものはゴミ箱に投げ捨てなければならない!)自分の意見を伝えるという作業は、絶対に突破しなければいけない壁だなあと思う。

Performance Date
FRI 24 Jun, 6pm,
Serpentine Galleries Pavilion

もうすぐ予約サイトができますので、お知らせします。
ご興味のある方は、予定だけ空けておいてください。
日本では見られない、私の演技が見られます。
また、即興ですが、英語の台詞もあります。

写真は、英語に悩みすぎて、犬語しか喋れなくなった、私です。

2016年06月01日
 ■  London日記 7ヶ月と1日目

イギリスの階級社会について、書きたいと思っているのだが、なかなか筆が進まない。考えがまとまらないのである。それは、あるようでないような、見えない膜のようなものだからだ。

先日、私は、「People, Places and Things」という芝居を、私の語学学校の先生の一人と一緒に見に行った。彼女は、映画産業で働きたいという野望を持っているのだが、マンチェスター出身であるため、他のロンドン出身の映画産業志望者のように、親と同居できるというアドバンテージを使えないために、とりあえず、生きていくために、英語の先生をやっているという人で、労働者階級の出身である。

授業中に、「ロイヤルファミリーは廃止すべきだと思う」と発言する無政府主義者で、そして、特に文法の授業で、教え方にやる気の無さが漂う、素敵な先生なのである。「シェイクスピア、それも、シェイクスピアを見に行く中流階級が好きじゃない」という発言をする一方で、読書家で、サラ・ケイン、ベケット、ブレヒトが好きという一面を持つ。授業中に、「People, Places and Things」の戯曲をお互いに読んでいたことがわかり、一緒に見に行くことになったというわけだ。

peopleplacesthings.jpg

「People, Places and Things」は、こちらでは評判の芝居で、Time Outで五つ星を取っている。つまり、最上級の評価を得ている。主演女優が、この芝居で、オリヴィエ賞を獲ったのである。で、結論から言うと、私はそんなに面白いとは思わなかった。そして、その英語の先生である彼女も、そこまで面白いとは思わないという評価だった。(私が面白いと思わなかったのは、私の語学力のせいも絶対にある。)

彼女が言うには、これは典型的な中流階級が主人公の、中流階級向けの芝居ということらしい。主演女優の演技は確かに素晴らしく、エンターテイニングだけれども、作品は深みがない。John CassavetesのOpening Nightへのreference(日本語のオマージュ)があったりするが、それだけで、なぜ今、この芝居が上演されるのか、その理由がわからないと言っていた。

私は、Cassavetesへのオマージュがあったなんて全く気づかなかったし、それだけでも、彼女と見に行って、よかったと思ったのだが、別れ際、彼女が言った、「おもしろくて、満足して、家に帰ったら全て忘れる。何も変わらない。そういう芝居だよね。」という言葉が印象に残った。

階級社会。それは格差社会と共通する部分もありつつ、微妙に違う。買い物するスーパーが違うのは、格差社会的側面だ。
Waitroseは中流以上
TescoやSainsbury'sは中流
Lidlは労働者階級
と棲み分けがされている。成城石井と西友の違いみたいな感じか。しかし、読まれる新聞が階級によって違う、というのは日本には無い部分だ。

彼女の言葉だと、階級による文化的な”違い”が生まれてしまっているのだと言う。シェイクスピアの芝居を見に行くのも、中流階級の文化。子どものために、子どものための芝居を見に行くのも、中流階級の文化。彼女の言葉で最も衝撃的だったのは、イギリス生まれなのに、aubergine(茄子)という単語を大学でLondonに来るまで知らなかったのだそうだ。茄子が、高い野菜というわけじゃない。このフランス語源の言葉は、それを材料として使う料理を、自分の家族が食べる習慣が無ければ、覚える機会がないのである。

もちろん、階級社会だけでなく、格差社会だって、よくはないのだが。

東京では、演劇は一般の人ではなく、演劇ファンや演劇人が見に行くことが多い。Londonでは、演劇は中流階級の人が見に行くことが多い。

さて、演劇は、一体どんな観客のために、作られるべきなのだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=mYyXzVuG5NY