2016年05月31日
 ■  London日記 6ヶ月と29日目

先週末は、
BrightonとWimbledonで、イギリスで活動する日本人の演劇人と会い、
(主に子どもの芝居の作り手に)お話を聞かせてもらった。
こっちで、演劇の活動の話を聞くと、大体、R&Dの話になる。
R&Dは、research and developmentの略。
簡単に言うと、企画段階における助成金やサポートのことを指すことが多い。

例えば、僕がある新しい演劇のアイディアを思いつくとする。それを
Arts Council Englandや、劇場にR&Dの申請をして、採択されると、
お金や稽古場、Showcaseを発表する会場などが提供される。
一週間のR&Dなら、最終日に何かしらの形にして、発表する。
それを助成団体や、劇場の人が見に来て、
本公演を、助成もしくはサポートするか決める。
R&Dで、あまり面白い作品になりそうにないね、ということであれば、
その企画については、もう助成・サポートされない。
つまり、準備段階を支援することによって、作品の淘汰が起こり、
また本公演される作品群の質が向上するというわけだ。

自然と、一つの作品の準備期間は日本よりも長くなる。
その日、僕が見た作品を例にすると、
2年前にR&Dで採択され、一週間のアイディア試し。
その後、puppet作りに時間を使い、
1年前にミニR&D(日数を失念)をし、その後、10日間の稽古で作品を完成。
アイスランドで初日を迎え、
以降、イギリス全国をツアーする、という流れだった。
つまり、普通にR&Dをやると、2年はかかるというわけだ。

ちなみに、こちらでは、俳優にも演出にも作家にも、最低賃金というのがあり、
それは稽古においても、R&Dにおいても、払われるみたい。
このサイトによると、
http://www.uktheatre.org/theatre-industry/rates-of-pay/uk-theatre-equity-performers/
小劇場の俳優の場合、最低一週間350ポンドです。
日本円にすると、約56,000円!
物価を考えても、東京で、35,000円ぐらいもらえる感じ。
日本でもこうなったら、どんなに素晴らしいのだろう。
つーか、しなきゃいけないよな。

atsuto-brighton.jpg

写真は、日本の演劇界を憂う姿@ブライトン

投稿者 atsuto : 2016年05月31日 03:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/849

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)