2016年04月27日
 ■  London日記 5ヶ月と27日目

Context、文脈。東京に住んでいた時は、意識していなかったけど、
何か作品を発表する時に、その作品の評価は、質だけでなく、文脈に左右されると思う。文脈は、その地域の共同体(もしくは、観客)が、意識的、無意識的に、欲しているものを規定する。私の「The Bite」がこちらで、割と評判が良かったのも、今、ロンドンで、外国食ブーム、Sushiブームがあることがその要因の一つである、と私は思っている。

そういったことを踏まえて、私の浅い考えを述べると、ロンドンの観客に向けて、私が新作を書くとしたら、ウガンダを題材にして、自分の中のテーマを探すだろう。こちらで、私は異なった種類のウガンダを題材にした作品を既に三つ見た。ウガンダには、何か、ロンドナーを刺激する要素があるような気がする。

三つの内、一つは、West Endのミュージカル作品で、「The Book of Mormon」。political correctnessギリギリアウトの問題作で、(South Parkの作り手がスタッフだからね)ウガンダで布教するモルモン教徒の活動を、ブラックな笑いで描いたもの。作者の狙いの中に、米英人の、キリスト教をどう相対化するのかという葛藤を見るのは、深読みし過ぎだろうか。

t1larg.bookofmormon-p.jpg

小劇場の作品で、興味深かったのは、Orange Tree Theatreで上演された「The Rolling Stone」。ウガンダでは、ゲイであることがバレると本人が殺されるだけでなく、家族も迫害されるという事実や、現実の事件に基づいた作品で、主人公の家が、ウガンダのある村のキリスト教の教会であることがポイントだ。つまり、ゲイの迫害そのものよりは、宗教的な理想と、現実をどう折り合いをつけるべきかという問いを、極限状態の中で描写していた。

もう一つは、「Labels」というインド系ウガンダ出身イギリス人の話。(ウガンダは、イギリスの旧植民地で、植民地政策でインド人が流入した。)ウガンダはあまり出て来ないのだが、完璧なイギリスのアクセントで話せても、イギリス人扱いされない、自分のアイデンティティに悩む、という話。一人芝居で、様々な英語のアクセントを使い分ける演者の力量に驚かされた。が、自分の理解が正しければ、主人公は常にレッテルを貼られる側という、劇構造なのが物足りない。こういう作品を、今日的な文脈の中でやる場合は、自分は、レッテルを貼られる弱者側であると思っていたら、知らず知らず、自分よりさらに弱者に対して、レッテルを貼っていた、という構造にしないと、弱いのではないかと思った。でも、私の聞き取りの力不足かもしれないので、それが描けていたのならすみません。

labels_worklight_image1jpg.jpg

イギリス人にはアフリカに対する(オリエンタリズムと似た)憧れがあり、ウガンダにはイギリス本土が失った、宗教的な厳格さがあり、ウガンダ出身のマイノリティーがロンドンにはたくさんいて、、、というわけで、日本の作家の皆さん、ウガンダを題材にして、ロンドンで作品を発表するのはどうでしょう?

投稿者 atsuto : 2016年04月27日 01:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/863

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)