2015年11月26日
 ■  London日記 26日目

朝起きたら、台所に知らない女が立っていた。
残念ながら、彼女は服は着ていた。
どうやら私が昨日飲みすぎて連れて帰ったわけではないらしい。
少し安心して、眼鏡をかけて、もう一度、彼女を見る。
インド系の中年の女性だった。
毎週来る家政婦の人らしい。それにしても朝7時半から来るとは。

私の同居人かつ大家であるイギリス人は、
普通のビジネスマンで、忙しそうだ。
いつも朝7時半頃には家を出て、帰ってくるのは夜8時過ぎだ。
家にいる時は、ほとんどテレビを見ている。テレビを見ている音がする。
ご飯は、外に食べてくることが多いようだ。猫を2匹飼っている。
そして、基本的には、掃除は週に一回来る家政婦が担当する。
なんか寂しい。
典型的なイギリスの独身貴族というのは、こんなものなのだろうか。
しかし、誰かが馬車馬のように働くからこそ経済が回る。
それは真実だ。(写真は、大家の猫の内の1匹)

catofjoel.jpg

今日は、ミュージカル「Billy Elliot」を見た。素晴らしかった。
素晴らしすぎてて、ずっと目から水を流しながら見ていた。
ストーリーに感動したわけではなく、
コーラスダンサーの踊りが素晴らしかったからだ。
もちろん、歌も振付も演出も脚本も素晴らしいのだろう。
しかし、明らかに、コーラスダンサーたちが素晴らしい。
彼らが凸凹していて、個性がはっきり見える。

日本で森山未来が出ていたRentを見たことがある。
森山未来のダンスは素晴らしかったが、他の出演者のダンスはクソだった。
「Billy Elliot」の、コーラスダンサーの質と個性に、文化的な蓄積を感じる。
そして、炭鉱という産業の没落がしっかり描かれているのが、私は好きだ。
まるで、主人公の少年の成功と引き換えに、炭鉱が没落しているかのように。

billyelliot.jpg

しかし、映画版よりも感動したのは、
やはり、アンサンブルが素晴らしかったからだと思う。
チケット代はそれなりにしたが、もう一度見ようと思う。

投稿者 atsuto : 2015年11月26日 04:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/818

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)