2014年12月31日
 ■  2014年、年末の感染症。

多分、それはある人のある言葉がもたらした病である。
28日の昼、都内で打ち合わせがあり、そこで、

「私、アツト氏の台本はすごく好きなのに、
 アツト氏のこと人間として、そんなに好きじゃないっていうか、
 合わないなあって思うのはなんでだろう?って、時々考えるんですよ」

というありがたい言葉をいただいた。

その殺人予告のような言葉を聞いてから、一時間後ぐらいから、
急激に体調が悪くなった。ただの風邪ではない。吐き気がひどかった。
とりあえず、打ち合わせの途中で、席を立ち、トイレで吐いた。
打ち合わせを素早く終わらせて、家に着く頃には、もう立っていられなかった。
しかし、ベッドに入ると、今度は下痢が止まらない。

告白する。うんこをもらした。34歳となったこの歳で。
朝から何も食べてなかった。しかし、水だけは飲んでいた。
その水が全て出て行ってしまうのだよ、体外に。
福島の汚染水のことを、僕は思った。
原発よ、君だって垂れ流したくはなかったはずだ。
しかし、人間は、自分で汚染したものは自分で処理しなければならない。
それは、原発も下痢も変わらないのだ。

僕は、もらした時に穿いていたパンツを、
ビニール袋に詰めて、燃えるゴミに出した。
ウイルス性の感染症なので、洗って使うわけにはいかないわけだ。
「ああ、せめて、もっとかっこ悪いパンツを穿いてた時に、もらせばよかった」
そう思った瞬間、自分のケチさ加減というか、器の小ささを感じるのであった。
ちなみに、汚染したパンツもさほどかっこいいパンツではなかったことを、
客観的事実として、お伝えしておく。

しかし、他者の言葉が、ここまで自分の身体にダメージを与えるとは。
「アツト氏の台本はすごく好きなのに、アツト氏のこと人間として好きじゃない」
捉えようによっては、すごく作品のこと褒めてくれてるよね?
うん、希望を持って生きよう。

風邪は29日まで続き、30日には、快復いたしました。
お仕事でご迷惑をおかけしました皆様、
連絡ができなかったのは、このような事情があったのです。
ごめんなさい。来年もよろしくお願い致します。

2014年12月25日
 ■  英会話教室に通いたい。

英会話教室に通いたい。
All of a sudden、私は、そう思った。
しかし、お金が無い。私の通帳の残高は、人様にお見せできない。。。

どうしたら、お金を使わずに、英会話教室に通えるだろうか?

というわけで、東京にいる外国人を全てを、
英会話のteacherに見立てることにした。
見立ては、演劇人の得意技さ!

それで、電車の中で、外国人ぽい人がいたら話しかけて、
電車を降りるまで、英会話の勉強に付き合ってもらう、
という遊びをしていくことにした。
これは、決して、ナンパではない。
むしろ、これは演劇だ。だって、見立てだから。

私のteacherは、なぜか女性が多い。
しかし、これは決して、ナンパだからではない。
たまたま、話しかけたのが、女性のteacherだっただけだ。
そして、みんながみんなアメリカ人やイギリス人とは限らない。

一昨日は、話しかけたら、フランス人だった。Je t'aime.
違う。これは、ナンパではないし、フランス語会話でもない。英会話だ。

とにかく、英語で話す。最寄り駅が一緒?喜ぶな。これは、ナンパではない。
簡単に自己紹介して、相手の日本に来た理由を聞いて、
当たり障りのない会話の段階で、大体、別れてしまう。
会話の中だと、単語帳で覚えたての単語とか、パッと出てこない。
すごく簡単な単語だけ使ってしまう。
子どもっぽい英語を話してるんだろうなあ。。。

そして、どんなに会話が盛り上がっても、電話番号を聞いてはいけない。
だって、これはナンパではなく、英会話だから。
英会話の道は険しい。

つづく。

2014年12月23日
 ■  I got the Thai newspaper Nation!

I got the Thai newspaper Nation which
have had an article about our performance "Nioi" thing!
Kop sent it to me.

To all Concerned, please check it out!

Thai-papers20141106-p.jpg

「匂衣」について書かれた記事が載っている、
タイの新聞、Nationが手に入りました。
コップさんが私に送ってくれたのです。

関係者の皆様、是非、読んでみてください!

2014年12月10日
 ■  選挙権よ、ゴメン。

昨晩、不在者投票をしてきた。

私は、現在、杉並区に住んでいるのだが、
長い間、住民票を移しておらず、
私の選挙区は、多摩市である。
つまり、いつも選挙の時には実家に帰って、投票をしているわけだ。

今週の日曜日には予定があるので、
昨晩、実家に帰った際に、親父から、「おい、選挙行っとけよ」と言われ、
棄権するのも嫌だし、投票してきた。
だが、今回は、本当に、ネットで候補者について調べることもなく、
「自民党には入れたくない」という気持ちだけで行って、
男よりは、女のほうがいいだろうというくらいの気持ちで、
女性の候補者に投票した。
こいつが、ひどい人だったら、どうするんだよ?

比例区においては、
とある知り合い(それも、さほど仲良くない知り合いだ)が
「社民党の名簿1位の人が、ゲイだから、私は社民党に投票する」
という意見を聞いて、流されて、社民党に投票した。
人の意見を聞くのは悪いことじゃないが、
自分の意見を持たないのは悪いことだ。
今回の場合、なんとなく、ゲイの候補者に投票した。
さしたる主義、思想を持たずにね。
こいつが、ひどい人だったら、どうするんだよ?

投票の際に、国民審査の紙を渡されて、
最高裁の信任投票があったことを思い出して、慌てる。
いつもは、過去の判決を誰がどう出したかを見て、
バツをつけていたが、今回は、本当に面倒臭いという理由だけで、
全部にバツをつけた。
でも、全部にマルはどうしてもつけたくなかったんだよ。

こんな私の、考えなしの投票のために、
多くの祖先たちが、選挙権のために血を流したかと思うと、
胸が痛くなる。
でも、棄権だけはしなかったよ。選挙権よ、ごめん。