2013年11月25日
 ■  Slow Creation のすすめ

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

モズ企画「韓国新人劇作家シリーズ第2弾」
2013年11月27日~12月1日@新宿・タイニイアリス
【チケットのご予約はこちらから】
http://ticket.corich.jp/apply/49836/b/

-----

アーツカウンシル東京の、平成25年度第Ⅱ期助成に、
「グローバル・ベイビー・ファクトリー」が採択されました!

http://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/news/post/25-5/

この企画は、
他に、芸術文化振興基金の助成にも、採択されています。

僕は、遅筆なので、台本を書き上げるのが、
いつも本番の一週間前とかになってしまう。
それだと、役者は台詞を消化できないし、
演出も練られたものにならない。

そういう負のスパイラルを脱したくて、
まず、台本を書き上げてから、劇場を予約し、
出演者をキャスティングしたい。
何より、新作を書くということを丁寧にやりたい、
自分が本当に書きたいことを突き詰めたい、
と思って書いた、台本なのです。
資料を集めて読み始めたのは、2012年の1月で、
第一稿を書き上げたのが、2012年2月29日。

その台本が、
ブラッシュアップのリーディングを経て、
本として出版もされ、
いくつかの支援もいただけることになったのが、
とても嬉しい。

スローフードじゃないんだけど、
スロークリエーションが評価されたのが嬉しい。

なのに最近は、
またファーストフードじゃなくて、
ファーストクリーエションになってきてしまっている。
もう一度、作り方を考えなければ。

2013年11月21日
 ■  タイから英語の長文メール

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki


モズ企画「韓国新人劇作家シリーズ第2弾」
2013年11月27日~12月1日@新宿・タイニイアリス
【チケットのご予約はこちらから】
http://ticket.corich.jp/apply/49836/b/


タイで出会って、英訳された「匂衣」の台本を渡した方から、
長文の英語メールをいただく。

もちろん、俺はスラスラ英語が読める。
まるで、フランス語を読むように、英語が読めるんだ。

うん。
very good storyって書いてあるし、いい感触だ。

もちろん、それ以外のところも、きちんと読めている。
内容を理解している。
ここで、それについて書かないのは、
英語ができないからじゃない。
どう、日本語に訳していいか、わからないだけだ。
訳すのが難しい内容のメールなのだ。

とりあえず、
Thank you!とだけ返信を送っておこう。
別に、英語ができないから、短い文章というわけじゃない。
忙しいから、たくさん書けないだけだ。

2013年11月15日
 ■  韓国新人劇作家シリーズ第二弾、公演のご案内。

モズ企画という団体の、
韓国新人劇作家シリーズ第二弾という企画で、
鈴木アツトが「罠」という作品を演出します!

韓国の新人戯曲賞を受賞したばかりの、
もぎたての戯曲をリアルタイムで上演し、
韓国と日本のいまを、みなさまと見つめること。

韓国新人劇作家シリーズは、
そこから未来の演劇を考えていく連続上演です。
(全部で3作品、1ステージ2作品ずつ上演いたします。)

僕も新しい演出手法に挑戦していますので、
是非、見に来てください!

-----

モズ企画「韓国新人劇作家シリーズ第二弾」
2013年11月27日(水)~12月1日(日)
@新宿・タイニイアリス

「罠」
ホ・ジンウォン作/鈴木アツト演出
出演:本家徳久 保亜美 加藤亮佑 広田豹(ブルバキ・プリュス)

【あらすじ】
閉店時間の近づいたデジタルカメラの販売店。一人の客が入ってきて、昨日ここで買ったカメラの交換を求める。
消費者及び善良な市民としての権利を、強引に主張する客と、その酷いわがままに手を焼く販売員。
商品の交換をめぐる攻防は、やがて、条理と不条理を行き交いながら混迷を極めていく。
ついには、警察官まで呼び出され、客VS販売員と警察官の熾烈な闘いが、際限なくエスカレートしてゆく―この戦いの勝者は誰?

他の2作品の情報はこちら
http://mozukikaku.wordpress.com/about1/


【タイムスケジュール】
・11月27日(水)15:00 ピクニック・変身 
・11月27日(水)20:00 罠・変身
・11月28日(木)15:00 ピクニック・罠 
・11月28日(木)20:00 ピクニック・変身
・11月29日(金)15:00 罠・変身   
・11月29日(金)20:00 ピクニック・罠
・11月30日(土)15:00 ピクニック・変身
・11月30日(土)20:00 罠・変身
・12月 1日(日)13:00 ピクニック・罠
・12月 1日(日)17:00 ピクニック・罠・変身

各回、上演演目が異なります!ご確認ください。
平日昼の回にはアフタートークがございます。
本公演のチケットをお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。

【チケットのご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/49836/b/

料金:前売3,000円(全席自由)

2013年11月07日
 ■  いざ、タイ・バンコクへ!

11/8から11/12まで、タイのバンコクに行ってきます。
タイのBTF(バンコク・シアター・フェスティバル)
というのを見に行ってきます。
タイの演劇人との国際共同制作の下準備をしにいくという感じです。

新しいことをすることが、常にいいとは限らない。

でも、新しいことをしないと、見えないものがあったり、
成長できない自分がいたりするわけです。

もちろん、結果がついてきたら、なおいいのだけど。
でも、最も大事なのは過程・プロセスだと思うのです。

どうせ死ぬのに、なぜ生きるのか?
結果が最重要なら、全ての人生は犬死です。
そうじゃないでしょ?死ぬまで何をし続けるかでしょ?

最終的に、自分が成功しているかどうかは重要ではなくて、
いかに試行錯誤したか、
いかに苦労を買ってでもしたか、
いかに挑戦したのか、
そういうことが重要だと思うのです。

というわけで、言葉通じないけど、
タイの演劇人たちとコミュニケーションして来ます!

2013年11月06日
 ■  「グローバル・ベイビー・ファクトリー」公演オーディション!

来年3月公演に向けて、オーディションを実施することに致しましたので、
ご興味がある方は、是非、ご参加ください。

以下、オーディション情報です。

-----

▲劇団印象-indian elephant-
「グローバル・ベイビー・ファクトリー」公演オーディション!▲

劇団印象-indian elephant-は、
2014年3月、調布市せんがわ劇場にて、
第18回劇作家協会新人戯曲賞入選作
「グローバル・ベイビー・ファクトリー」を上演します。
今回、その出演者(および演出助手)を募集致します。

■オーディション日程■(以下のいずれか1コマにご参加ください。)
A・12月6日(金)18:00~22:00
B・12月7日(土)13:00~17:00
C・12月7日(土)18:00~22:00

【参加費】 1000円(ワークショップ受講料・テキスト代・会場費)
【参加資格】 心身ともに健康な方。劇団印象-indian elephant-観劇の有無は問いません。
【申し込み締切】 2013年12月1日(日)24時(応募者多数の場合、書類選考をさせていただきます。)
【申し込み方法】
以下の項目を、info(アットマーク)inzou.comまでお送りください。

件名は「GBFワークショップ応募」でお願い致します。

・名前(ふりがな)
・生年月日/年齢/身長
・所属
・これまでの経歴/出演作品
・今までご覧になった劇団印象-indian elephant-作品があればそのタイトル
・応募動機(200字から400字程度)
・メールアドレス/携帯電話番号
・写真(上半身)
・AからCまでのうち、希望の時間帯(できれば第3希望まで)

■場所■
杉並区荻窪の、劇団印象-indian elephant-稽古場

《劇団印象-indian elephant-とは》
“印象”と書いて“いんぞう”と読む、劇団印象-indian elephant-は、
劇作家・演出家の鈴木アツトを中心に2003年に設立。
「遊びは国境を越える」という信念の元、
“遊び”から生まれるイマジネーションによって、
言葉や文化の壁を越えて楽しめる作品を創作し、
観劇後、劇場を出た観客の生活や目に映る日常の景色の印象を
ガラッと変える舞台芸術の発信を目指している。

主な受賞歴
「グローバル・ベイビー・ファクトリー」で、第18回劇作家協会新人戯曲賞入選。
「青鬼」で若手演出家コンクール2012優秀賞と観客賞を受賞。

■お申し込み・お問い合わせ■

劇団印象-indian elephant-
http://www.inzou.com/
info(アットマーク)inzou.com

ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。