2012年12月28日
 ■  せんがわ劇場 2012年納会

公共劇場について、いろいろ。

昨夜(12/28)は、せんがわ劇場の納会。
約一年、公共劇場の中にいて、いろいろ見えてくるものがある。
せんがわ劇場は、今、芸術監督は置いていないのだけど、
芸術監督が一人いても、
それだけで劇的にいろいろうまくいくってことは無いなあって最近思う。
やはり、チームワークをどう構築するのかが大事だよね。

そういえば、芸劇(東京芸術劇場)は、
警備員さんの雰囲気が変わったと思う。
フリースペースのソファーに落ちていたゴミを、
巡回しながら何気なく拾って片付けていた。
多分、そういう意識が働いている全員に広がっているんだ。
いい作品を作るだけでは足りなくて、
人が集まる場所を愛せる人が働いているかどうかも大事。

最近、昔、吉祥寺シアターで働いていたという人と知り合ったんだけど、
俺の吉祥寺シアターでやった2作品を覚えていてくれていて、嬉しかったな。
劇場の職員は無理のない範囲で、
主催事業だけではなくて、貸館の公演も見てほしい。
見て、感想とか言わなくていいから。
見るだけで応援になるんだよ。

投稿者 atsuto : 2012年12月28日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/653

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)