2012年12月24日
 ■  2012年の演劇活動を振り返る。

2012年の演劇活動を振り返る。

昨日12/23で、
「Destination」の公演が終わり、
僕の、2012年の演劇の仕事がほぼ終わった。
もちろん、来年に向けての準備がまた今日から始まるのだけど。

2012年の演劇的出来事を下にまとめてみた。
すごく世界が広がった1年だった。
いろんな演劇人のタイプがいると思うのだけど、
僕は海外を意識することによって、または、
アジアの演劇人と交流することが、
直接的なレベルアップにつながるタイプなんだというのを実感した。
韓国、タイ、インド、シンガポール、どの演劇人との交流も、
刺激的で、新しい世界を僕に示してくれたし、
そこで得たものを確実に作品創作に活かすことができた。

さて、2013年。
来年の目標や抱負はたくさんあるんだけど、ここには書かない。
去年の12月には、
2012年がこんな充実した1年になるなんて思ってもみなかった。
だから、来年に向けての想いは胸に秘めておく。
そのほうが、いい結果を呼ぶんじゃないか、そんな気がするのだ。

2012年、鈴木アツトの演劇活動一覧
1月 金世一氏のWSで「足踏み」が取り上げられる。
2月 演戯団コリペ海外交流演技WSに、俳優兼作家として参加。
3月 演戯団コリペ海外交流演技WS公演にて「匂衣」を上演。
4月 調布市せんがわ劇場に再就職。
5月 タイの演出家トゥア氏のWSに、俳優として参加。
6月 劇作家協会・月いちリーディングに
   「グローバル・ベイビー・ファクトリー」が取り上げられる。

7月 密陽夏公演芸術祝祭にて「匂衣」を上演。
8月 居昌国際演劇祭にて「匂衣」を上演。
9月 日暮里・ART CAFE 百舌で「青鬼」を上演。
9月 D.Festa 大学路小劇場祝祭にて「青鬼」を上演。
9月 インドの演出家グハ氏のWSに、俳優として参加。
10月 シンガポールの劇作家ハレシュ氏の劇作WSに参加。
10月 モズ企画公演にて「一級品人間」を演出。
11月 韓国現代戯曲ドラマリーディングのためのオーディション実施。
12月 「グローバル・ベイビー・ファクトリー」が収録された、
    優秀新人戯曲集が出版される。

12月 劇作家協会新人戯曲賞公開審査会(最終候補にノミネート)。
12月 若手演出家コンクール2012の最終候補にノミネート。
12月 紛争地域から生まれた演劇シリーズ4にて
    トゥア氏の「Destination」を演出。

投稿者 atsuto : 2012年12月24日 02:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/651

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)