2012年03月29日
 ■  せんがわ劇場に再就職

匂衣の韓国公演のために、
臨時職員として働いていた、せんがわ劇場を、
一旦、退職していたのだけど、
この度、再就職することになりました。
4月から、とりあえず、二ヶ月契約という微妙な契約なのですが、
また劇場で働きます。
関係者の皆様、よろしくお願いします。

せんがわ劇場の仕事にはだいぶ慣れてきたので、
次の契約期間では、日々の業務をこなしながら、
どういったプラスアルファができるかを、
少し考えながら、やってみたい。

とはいえ、今の立場で僕ができることは、
基本的には、広報的なことで、
アイディアを出していくことぐらいだからなあ。

まあ、マイペースでやっていきます。

2012年03月25日
 ■  帰国と報告

日本に帰ってきました。
更新が滞っていたのは、稽古が佳境を迎えていたのと
ひどい風邪を引いてしまったのです。

韓国、ドヨ創作スタジオでの公演は、とても好評で、
「匂衣」は、密陽夏の公演芸術祝祭へ招聘されることになりました!
韓国語による、コリペの劇団員版の「匂衣」も動き出す気配もあり、
そっちの方向での発展も、僕は期待しているところです。

とにかく、8月に、今度は参加者として演劇祭に行くことができるので、
そこでまたたくさんの刺激を受けて来たいと思っています。
また、今回、作り上げた「匂衣」をあらためて、
今のメンバーで、練り上げたいと思っています。
どうぞ応援よろしくお願いします!

seoul201203a.jpg
ソウルのアルコ劇場にて、ベク・ソヌとイー・スヨンと。

下記のリンクに詳しいですが、

密陽夏公演芸術祝祭
http://www.wonderlands.jp/archives/19006/

密陽夏公演芸術祝祭は、
小さな町にものすごくたくさんの人が演劇を見に集まってきます。
その風景だけでも一見の価値がありますので、
ご都合がつく方は、是非いらしてください。

それでは、ありがとうございました!

2012年03月09日
 ■  都要日記 3/9

3月9日(金)

ドヨの一日は朝の散歩から始まる。
7:30に集合して、30分弱、付近をゆっくり歩く。
この土地は美しい山と川に囲まれている。
日常的な時間から離れ、詩的な時間の中を、
僕らは泳いでいる。

doyo-landscape.jpg
散歩中のユニさんとドヨの景色

講義の後は、各チームに分かれる。
今日は、細かく止め通しをやったのちに、止めずに通し稽古。
僕は、韓国語の字幕を作るために、
台本の変更部分を、ひたすらWordで修正。
小道具、衣装も、大方揃ってきて、いよいよ本番間近という感じ。

このワークショップで僕は生まれて初めて、
舞台俳優として、稽古場にいた。
演出家の何気ない一言に傷ついたり、
俳優というのは、並外れた集中力が要求されることを知ったり。
(自分の身体が今どうなっているのかを把握しながら、
台詞の音程、テンポを気にし、なおかつ、
感情を載せなければならない。それを無心でやるのだ)

作家の視点では問題なくても、
俳優の視点では気になる台本のキャラクター造形。台詞。
演出家の思考では問題なくても、
生理的に納得できないテンポや舞台上の構図を重視した動き。
むしろ、今までそれをわかっていないで、書いて演出していたかと思うと、
恥ずかしさでいっぱいだ。

早くこの経験を日本で活かしたい。

2012年03月08日
 ■  都要日記 3/8

3月8日(木)

朝、李潤澤先生から話があり、
今回の「匂衣」の公演は、
3/15、16、17の3日間3ステージ。
15日と16日は夜9:00から開演、17日は時間未定。
場所は、ドヨ創作スタジオ内の家族劇場で、ということになった。

doyo-theater.jpg
家族劇場ではしゃぐ正太郎と知美

「今の段階でもかなりおもしろいし、
特に、犬役の龍田知美が良いが、さらに、細部を仕上げてほしい。
お芝居が面白いものになっていれば、
のちに韓国語でコリペのキャストでもやる」とのこと。

僕の出演はあるのだろうか、、、
もう、三日間、稽古していないのだが、、、。

2012年03月07日
 ■  都要日記 3/7

3月7日(水)

公演パンフレット用の写真撮影をしました。

photo-p.jpg
怒鳴った直後で少しだけ不機嫌?

これは舞台用ではなく、あくまでパンフレット写真用のメイク。
こちらでは、これぐらい派手めのメイクをするんだけど、
ちょっと恥ずかしい。

そして、今日、稽古場で怒鳴ってしまいました。
母親役の衣装について、
意見を言ってるうちに口論になってやっちまいました。
ほんと子供ですみません。
でも、作品を良くしたいと思ってやったことなんです。
関係各位、ごめんなさい。

2012年03月06日
 ■  都要日記 3/6

3月6日(火)

「匂衣」の韓国語でのタイトルは、「目が見えない少女と犬の記憶」になる。
ニオイにあたる韓国語はネムセだが、
これは漢字の「臭い」のイメージになってしまうため、
ちょうどいい訳語ないのだ。
それで、李潤澤先生が、
「目が見えない少女と犬の記憶」という韓国語のタイトルをつけたのだ。

今日ついに、その目が見えない少女役の女優が、日本チームに合流した。
李潤姫こと貝野潤姫さんである。

lesson03-p.jpg
潤姫さんと龍田さんの稽古風景

小さな体に、美しいソプラノ・ヴォイス。
しかも、踊りが得意という潤姫(ゆに)さんは、
目が見えない少女のイメージにぴったりだった。
いよいよ、本番が楽しみになってきた。

food03.jpg
超美味いカルククス

さらに、今日は、韓国に来たら絶対食べたいって思ってた、
「カルククス」を食べた。

これは、去年、ミリャンに来た時に食べて、
ほっぺたが落ちて、もう虜になってしまった。
一般的なカルククスとは違うらしいんだけど、、、
チョンマル、マシソッソヨ!(本当、美味しかったです!)

2012年03月05日
 ■  都要日記 3/5

3月5日(月) 

senpai01-p.jpg
密陽市のカフェのラブ・チェアーで

こちらは、アクティングコーチのペ・ミヒャン先生(先輩?)。
3/6に一緒に撮った写真で、こんなに仲良さそうだけど、
一日前の3/5には、散々稽古でしぼられて、口ゲンカになりそうになり、
首を絞めて殺してやりたくなりました。

しかし、ミヒャン先輩は、
誰よりもコリペ版「匂衣」のことを良くしようと、
考えてるのは間違いないのです。

2012年03月04日
 ■  都要日記 3/4

3月4日(日) 

劇団の様々な都合で、密陽演劇村から、
DOYO創作Studioに引っ越しました。
演戯団コリペは、ソウル、釜山、密陽、金海(キメ)と
韓国内に拠点が四つあるので、
作品によって、劇団員は行ったり来たりするのです。

room02.jpg
ドヨの僕らの部屋。密陽より狭くなってションボリ。

DOYO創作Studioは、金海市にあり、密陽演劇村から車で1時間弱。
ワークショップ受講生約20人と、日本人チーム6人全員が、
巨大なトラックで荷物を運んで、お引っ越し。
ドヨには宿舎、食堂、事務所の他に、劇場が一つと稽古場が二つあり、
さらに、劇団が劇団幹部に提供している一軒家がいくつかあるのです。
劇団の幹部になると家をもらえるという環境は、
日本の感覚だとかなり驚きです。

room01.jpg
密陽演劇村の三人部屋。快適だったので名残惜しく。

というわけで、今日は引っ越しの合間に、
時間を見つけて稽古。

2012年03月03日
 ■  密陽日記 3/3

3月3日(土) 晴れのち曇り

9:00~9:45 李潤澤先生の講義
9:45~10:30 ミスクさんによる拳法
11:00~13:00、14:10~18:00 匂衣稽古
役が変わったので、僕の稽古が多い。
夜は、「ビョンドゥリ劇場」を見ずに、個人練習で台詞を覚える。

2012年03月02日
 ■  密陽日記 3/2

3月2日(金) 曇り時々雨

緊張の一日だった。李潤澤先生が、初めて稽古を見に来たのだ。
開始早々。キャスティングの変更。
俺が、彩香(目が見えない少年として)役をやるように言われる。
「無理です」とか「化粧のシーンはどうしたら、、、」とは言えない。
先生は、「この役のイメージには君が一番合ってる」と言ったのだ。
ここではそれ絶対だ。
まだ到着していない彩香役の女優が加われば、まだ状況は変わる、はず?
とにかく、台本を持って必死でやる。

俺が見ていて思ったのは、
先生は、龍田知美のヨンジュ(犬を演じる舞台女優)役が、
とても気に入ったのではないだろうか?
彼女が登場する冒頭シーンから、笑っていた。
とにかく、稽古がうまくいっているという判断からか、
夏の密陽演劇祭に招聘すると言ってくれた。
(変更が多い劇団だし、あまりにうまくいきすぎでにわかに信じ難いが)

俺自身のことで言えば、意外と「目が見えない少年役」は合ってた。
内向的な台詞が、自分自身の性格と重なって、
思ったより、役に入り込めたし、外から見た印象もよかったみたい。
とにかく、韓国では、「目が見えない少年」を必死で演じよう。

daihon.jpg
韓国語に訳された「匂衣」の台本

9:00~10:00 李潤澤先生の講義(わが町劇場で)
10:00~13:00 李潤澤先生、立ち会いの元、匂衣の通し稽古。
14:50~18:00、19:30~22:00 匂衣稽古

2012年03月01日
 ■  密陽日記 3/1

3月1日(木) 晴れ

9:00~10:00 李潤澤先生の講義(なんと今日は屋外で)
10:00~12:30 ミヒャンさんの立ち方、歩き方レッスン
14:00~18:00、19:30~23:00 匂衣稽古

明日いよいよ、李潤澤先生が稽古を見ることに!

いろいろ不安になる。
なんとなく、みんなが個人のことで手一杯で、
(そもそも役者とはそういうものかもしれないが)
チームとしての息が、まだ合っていない状態の気がする。
明日は、声を掛け合ってやっていきたい。