2011年12月31日
 ■  大晦日にTPPについて考える

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

大晦日にやるべきことかどうかはわからないが、
TPPについて調べてる。TPPって何?

そもそもアルファベットがわかりにくい。
Trans-Pacific Strategic Economic Partnership
=環太平洋戦略的経済連携協定。
わかりにくいが、TPPの3文字よりはわかる。

要は、環太平洋地域(太平洋を囲む形で存在している国々)で
自由貿易の原則を徹底して、
関税等々を撤廃しようとしている協定、らしい。

なんとなく、工業(外需産業)に従事している人は賛成し、
農業(内需産業)に従事している人は反対している構図がある気がする。
日本経済は、(少なくとも金額の面では)輸出企業が牽引しているから、
政府は、TPPに進めようとしている、というのが現状のようだ。

しかし、自由貿易=市場原理に全てを委ねてしまっていいのか?
効率だけを追求していった場合に、壊れてしまうものがあるのではないか?
では、その壊れてしまうものとは、何なのだろうか?
それを考えてみる。

非合理な農業行政によって、
高い食品を買わされている弱者=消費者という図式があるとして、
その非合理な農業行政を守っている関税障壁を撤廃し、
自由な市場によって、
弱者(=消費者)を不利益から開放する、というロジックはわかる。
でも、弱者(=消費者)保護と環境(≒共同体)保護が矛盾する場合、
手段の吟味が必要なのではないか?

TPPは、
既得権益であるかもしれない農協(僕は農協については詳しくない)
をやっつけてくれるかもしれないが、それと付随して、
日本の農村共同体をも一緒にやっつけられてしまうかもしれない。
つまり、悪い農協・悪い農家と、良い農家・普通の農家を区別なく、
根こそぎ倒してしまい、
農業を軸とした日本の共同体を壊してはしまわないだろうか?

日本の農業政策には確かに問題があるとして、
だから、必ずTPPなのか?別の手段はないのか?
そこを考えなきゃいけないのではないか。

投稿者 atsuto : 2011年12月31日 16:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/557

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)