2011年09月30日
 ■  読書日記2011年9月 その2

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

「女子寮記」
山田時子・著
敗戦直後の演劇に、新劇以外の流れがあったことを最近知った。
職場演劇とか自立演劇とか言うんだそうだけど、
今で言えば会社の演劇サークルみたいなもんで、
これがやる方も、見る方も、とても盛んだったそうだ。
素人のものと馬鹿にできない作品もたくさん出たらしい。

その職場演劇から出た素晴らしい戯曲がこれ。
何作か読んだだけだが、新劇の作品が、
人間の内面や精神的なことを、抽象的かつ象徴的に描こうとしたのに対し、
「女子寮記」はものすごく物理的なことを具体的に描いてる。
つまり、日々のお米がいくらで、月々の給料がいくらで、という、
生活のコマゴマとしたことそのものがテーマだ!という感じ。

物の値段がとにかくよく出てくるので資料価値も高い。
作者に特に意図はないと思うが、
終戦して2年しか経っていない昭和22年12月に、
もうクリスマスパーティーをやっていたということが
スケッチされているのも興味深い。


「『日本』をめぐって 網野善彦対談集」
網野善彦・著
歴史学会の専門用語が多くて難しかったけど、全体的にはおもしろかった。
SFCの教授の小熊英二が舌鋒鋭いのでファンは是非読んでください。
百姓は農民ではなかった、という主張は目から鱗。
江戸の知られざるネットワーク型社会は凄かったんだね。

投稿者 atsuto : 2011年09月30日 23:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/522

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)