2011年02月24日
 ■  劇評"たまごプリン"「さいあい~シェイクスピア・レシピ」

週刊マガジン・ワンダーランド 第229号に、
僕が書いた
"たまごプリン"「さいあい~シェイクスピア・レシピ」の
劇評が載りました。
WEBにアップされたみたいなので、リンクを貼っておきます。

"たまごプリン"「さいあい~シェイクスピア・レシピ」
野菜が問う「愛とは?」 踏み潰したい才能を発見
http://www.wonderlands.jp/archives/17242/

2011年02月19日
 ■  May&タルオルムの公演のご案内

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

来週2/25(金)から3日間、
僕=鈴木アツトが少しだけ手伝っているタイニイアリスで、
Mayとタルオルムという劇団の公演があります。
作・演出はどちらも金哲義という人です。

金哲義氏は朝鮮系の在日の方で、
僕は昨年彼の作品『夜にだって月はあるから』を見て衝撃を受けました。

四・三事件というあまり知られていない韓国のある悲劇をモチーフにしながら
誰もが楽しめる、おもしろい作品になっていただけではなく、
僕を含め、日本の小劇場の若手の作品が、
おもしろいことがやりたいから演劇をやっているといった傾向があるのに対し
伝えたいことがあるから演劇をやっているという
そういう強さがあったのです。

今回の作品は見てないので、必ずおもしろいとは言えないのですが、
彼が作る作品は、みなさんの心にきっと何かを残すものと思いますので、
是非見てもらいたく、この文章を書いてます。

公演期間がとても短く、
二つの演目を交互にやるという変則的な内容です。
ですが、片方でもいいので、是非いらしてください。

P.S.
ちなみに、僕は、金曜日の昼の回(タルオルム)には必ず行きます。
Mayのほうは、まだ未定です。

-----

May's frontview Vol.28『十の果て』
劇団タルオルム『金銀花永夜―クムンファヨンヤ』

☆公演日程 
2月25日(金)
15:00~ タルオルム
19:00~ May

26日(土)
15:00~ May
19:00~ タルオルム

27日(日)
13:00~ タルオルム
17:00~ May

☆料金
May
前売:¥2,000
当日:¥2,300
中高生:前売・当日とも¥1,000
小学生以下無料

タルオルム
前売:¥2,300
当日:¥2,800
中高生・障害者は…
前売:¥2,300
当日:¥2,800

-----

May's frontview Vol.28『十の果て』

☆作・演出=金哲義
☆出演=木場夕子、田中志保、斉藤友恵、柴崎辰治、倉畑和之、金哲義、野村侑志(オパンポン創造社)、ほか

○日本の統治が終わり、しかし大国同士の争いに巻き込まれ同族同士が争う朝鮮戦争が迫るとき、朝鮮人なのに民族の言葉を知らない少年タルスと、朝鮮の地でみなし子となってしまった日本人少年の光太郎…歴史の闇を操る呪術士が混乱を招き入れる。故郷に居場所を失った少年たちが互いの居場所を探し求める冒険活劇!!

-----

劇団タルオルム『金銀花永夜―クムンファヨンヤ』

☆作・演出=金哲義
☆出演=金民樹、姜愛淑、卞怜奈、浅野崇浩(松竹芸能)、洪京枝、李知子、西尾一美、片岡雅(雅番外地)、柴崎辰治(May)、姜河那、姜蘇元

○小さな町の小さな朝鮮学校。教える者も学ぶ者も少しずつ消えてゆく。最後の一つを教えて去る老女と、誇りを舞う無垢の少女

-----

☆予約・お問合せ(May/タルオルム共通)
tarumay-tickets@infoseek.jp

2011年02月06日
 ■  スロバキア国立オペラ

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

先日、オペラの舞台の照明助手の仕事をした。
スロバキア国立オペラの歌手たちによるコンサートで、
そこで聞いたシモンさんというバリトンの方の歌声は
本当に素晴らしかった。

マイクなど使わない。
広い会場の隅々まで届く生の声。しかも、
言葉の意味はわからなくても感動させられてしまうほどの歌唱力。
これこそ肉声の力だと魅了された一夜になった。

とあるミュージカル風劇を見に行った時に、
ちょっとがっかりすることがあった。
お芝居がおもしろい、おもしろくない、とは別の次元で、
出演者が舞台用のマイクを使っていたので、
肉声ではなくスピーカーを通しての音声しか聞けなかったのだ。
ミュージカルシーンがあったからしょうがないと言えばしょうがないが、
音声ならテレビで聞ける。
役者の肉声が聞きたいから、演劇を見に劇場に行くわけで、
僕の観劇の動機の一つ、
肉声を聞く、ことができなかったのがとても残念だった。
だからこそ余計に、シモンさんの声の力に驚かされたのだ。

このスロバキアオペラは、来年も来るようなので、
もし来たら、次こそは宣伝します。
今年は急に仕事をふられたのと、
内容を知らなかったので、宣伝できなかったから。
チケット代はかなりお安いのでおすすめです。

2011年02月03日
 ■  2011年2月末のワークショップ

劇団印象-indian elephant-
2月末のワークショップのお知らせです。
今回は、
6月、11月の新作公演のためのワークショップです。

日程は
2/23(水)19~22
2/25(金)19~22
2/26(土)13~18

場所は、杉並区のいんぞう稽古場です。

参加出来る日だけでも受付しています。
また知人の方などのお誘いも大歓迎です。
遅刻や早退などで対応出来るのであればその旨もご相談ください。
早めの返信歓迎!よろしくお願いします。

参加ご希望の方は、下記必要事項①~⑦を記載の上
info☆inzou.comまでメール下さい。
※☆を@に変えて、お送り下さい。

①お名前 
②メールアドレス 
③PCメールアドレス
④連絡先のお電話 
⑤志望動機 
⑥過去の活動歴
⑦その他質問、連絡事項