2010年09月12日
 ■  エロバリ=エロバリアフリー

Follow me on twitter! http://twitter.com/@Atsuto_Suzuki

一週間ほど前なんだけど、”エロバリ”に行ってきた。
きっかけは、寺脇さんのブログ
エロバリ=エロバリアフリーだ。
というと、なんかすごそうなんだけど
バリアフリー仕様のポルノ映画。
要は、副音声および日本語字幕つきの、ポルノ映画だ。

中野の映画館のモーニングショーで
朝9時半からポルノ映画を見るってどうよ?と思ったんだけど
エロバリアフリーっておもしろそうだなと思って観に行った。

朝9時半だから、案の定、お客さんもすごく少なかった。
ポルノ映画だからか、設定や展開がオイオイというか
安易な感じも拭えない。
けれども、エロバリは単に視覚障害者向け、聴覚障害者向け、
なのではなく、 健常者も障害者も
同じものを一緒に見る・聞くというのをコンセプトにしていて
特に副音声ではそれがある程度成功していたと思う。
副音声のコンセプトは「覗き見」だったらしいが(笑)。

字幕のほうは、映画館だから、耳ふさいでも聞こえてきてしまって
いいのか悪いのか、判断できなかった。
でも、映画館であえて目をつぶって映画を聞くって
なかなかしない体験で、良いね。
ポルノ映画だけど(笑)。

投稿者 atsuto : 2010年09月12日 22:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/475

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)