2009年12月10日
 ■  韓国と自分をつなぐ旅、準備編vol.1

年末、12/21から韓国に行ってきます。
一応、1週間で帰ってくるつもりですが、
状況次第ではもうちょっと長居するかもしれません。

今回の渡韓の目的は、

1.数年後に考えている韓国公演のためのネットワークづくり
2.日本より進んでいるという韓国の演劇事情の視察
3.韓国の蜷川幸雄と言われているイ・ユンテク氏の能のWSへの参加

などなどです。

まず、1.について。
なぜ韓国公演なんかを考えているのか?
単純に、自分の作品が日本人以外の観客にはどう見えるかが知りたい。
観てもらえるのなら、できるだけたくさんの人に観てもらいたいわけだから。
国境も国籍も越えてね。

2.とも関連するんだけど、
日本よりも演劇が、社会的に認知されている、
必要とされている状況とはどういうものなのかも見たい。

それに、
各方面から指摘された父産のポストパフォーマンストークのまずさ。
今回の母国語を使わない演劇旅行によって、
自分の演劇観を客観化して、
きちんと言語化できたらと思う。

投稿者 atsuto : 2009年12月10日 02:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/416

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)