2009年11月28日
 ■  アジアンキッチンとペルセポリス

演劇に興味がなくても、料理(食べること)に興味がある人は多いはずだ。
友人の俳優、キム・セイルさんが出ていた、
アジア舞台芸術祭のアジアンキッチンという企画は、だからおすすめ。
セイルさんの個人史から、お隣のお国事情が体験できる。
なにより、お腹がすく。チャプチェが食べたくなる。

アジアンキッチンのソウル編は、今日(28日)の19:30~の回が最後。
@池袋@東京芸術劇場小ホール2 見ていない方は必見!無料です。

ちなみに、
先週「ペルセポリス」というイランの監督が作ったアニメーションを見て、
昔の彼女を思い出した。
大昔、イランのハーフの子と付き合っていたのだ。
彼女はイランの料理だと言って、豆料理を作ってくれた。
イスラエルでも同じような豆料理が食べられていることは後で知った。

同じものを食べていて、同じ味を味わっていたとしても、
人は戦争をしてしまう。ことがある。

あの豆料理はなんて名前だったかな?もう思い出せない。

投稿者 atsuto : 2009年11月28日 18:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/415

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)