2009年08月11日
 ■  舞台美術家は口で画を描く 2日目

8/10(月)

13時から16時半までは講義。
劇場史、椅子を使ったワークショップ、照明レクチャー。

「ダイバー」の現場に行ってる堀尾氏を待って、
休憩はさんで17時半から第1次プレゼン。21時半まで。
え?4時間もやったの?どうりで疲れたはずだ。

プレゼンの様子はあとで追記。
なぜなら次の課題があるから。

2009.08.22追記
僕の一次プレゼンは、
堀尾さんから、「全く意味がわからん」と言われてしまった。
どうやら、あっと驚かせたいと思いすぎて、
独創的すぎた、
自分以外は、理解できないプランになってしまっていたようだ。
それに僕は絵が下手だ。
複雑なものを、下手な絵と、下手な説明で伝える。
伝わるわけがない!

自分のおもしろい!を他人に伝える。
そんな戦いがここから始まった。

投稿者 atsuto : 2009年08月11日 09:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/394

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)