2009年07月27日
 ■  消えた劇場と主観的大切論

7/25(木)

うちから花火が見えるからおいでと誘われて、
友人宅の花火見パーティーにのこのこ出て行ったのは、
花火がめあてではなく、
そのおうちのご主人が寿司職人で、ご馳走がちらし寿司だったからと、
そのおうちというのが森下にあって、
取り壊されたと噂に聞くベニサンピットがどうなったか見に行けると思ったからだ。

森下と隅田川はそこまで近くはない。
頭に東京の地図と距離感覚がないから、
マンションの窓から見える花火が思いの外小さかったのには、
花火めあてではないとは言え、いささかがっかりした。
いや、がっかりしたというか、笑ってしまった。
だって、窓から見えるその花火はかわいいほど小さかったのだもの。

それでも、リビングにあった大画面のテレビの花火中継よりは、
肉眼で見る花火のほうに、なぜか心は動いた。
ちっちゃくても自分の目で見たほうが感動するのはなんでだろう?
こんなことなら日食も自分の目で見ておくんだった。

23時半頃お暇し、
白い壁に覆われ、その壁の中はからっぽの旧ベニサンピット跡地を覗く。
跡地の正確な場所を聞いた時に、「もう何もないよ」と言われたが、
何もないということを自分の目で確認したかった。
ジャンプして壁の向こう側を覗くと、やはり何もなかった。

僕は、この劇場では、空白に落ちた男しか、見ていないが、
その時に感じた、劇場の質感ははっきりと記憶に残っている。
そして、劇場がなくなるということは、
多くの作り手と観客の双方が愛した、この質感が消えることなのだと、
今さらながらに思った。

2009年07月25日
 ■  「春琴」の感動と、谷崎潤一郎の「細雪」

今年の3月に見た「春琴」の再演の感動が忘れられない。
初演の「春琴」も素晴らしいものだったが、
再演は細かいところが練り創り直されていて、
さらに洗練した印象を持った。
そして、谷崎潤一郎のテキストが素晴らしかったのは言うまでもない。

しかし、谷崎の代表作は、「春琴抄」ではないらしい。

「細雪」は"ささめゆき"と読む。
僕はこの小説を一昨日から読み始めたのだが、
読む前までは"ほそゆき"と読んでいた。
表紙を開いた最初のページの題字のところに"ささめゆき"というルビ。
ああ、恥ずかしい。

「細雪」ではこれといった大きな事件が起こらない。
にもかかわらず、この読み心地はなんだ?
というぐらいおもしろい。とてつもなくおもしろい。

1940年頃の神戸の上流階級の娘のお見合い話が軸で、
特に、反戦を謳った箇所など一つもないのに、
1943年に軍部から雑誌掲載を止められている。
なぜ軍部はこの小説が嫌だったのか?
反戦のハの字もない代わりに、戦争のセの字もないからだ。
まるで戦争というものがこの世に存在しないかのように、
平穏に時間が流れている。そのゆったりとした小説内時間が、
軍部は許せなかったに違いない。
その意味で、掲載禁止をした軍人は、小説が読める人だったのだろう(笑)

穂坂さんによると
サイモンがなぜ谷崎に興味をもったのかといえば、彼は第一次、第二次と、
二つの世界大戦の間に作品を残したヨーロッパの作家に関心があり、
その頃極東にいながら、西洋の作家と同じような視点を持っていた、
谷崎に興味をもったということらしい。

二つの大戦の間、日本では関東大震災(1923年)があり、
その震災をきっかけにして、谷崎は関西に移り住む。
西洋崇拝者者を自称していた東京時代とはうってかわって、
日本の伝統文化と向き合った。
「春琴抄」や「陰翳礼讃」はそれ以降の作品にあたる。

阪神大震災が村上春樹に「神の子どもたちはみな踊る」を書かした、
という類似点を考えてみても、さらにおもしろい。

関連エントリー:
「エレファント・バニッシュ」「春琴」のプロデューサー
サイモン・マクバーニーの「春琴」
サイモン・マクバーニーの「エレファント・バニッシュ」

2009年07月20日
 ■  父産(再演)WS7月 その2

7/19(日)

ロースとんかつにソースをかけすぎてて、
肉がうまいのか、ソースがうまいのか、わからない演技になってる。
肉がうまいと思わせる演技にしてくれ。
やらないでやってくれ。つまり、引き算の演技を。

というダメだしが口から出た。
わからないようで、こっちのほうがわかる!わかれ!
ちなみにダメだしの"だし"は出るの変化形"出し"ではなく、
それがあることによって、もっと美味しくなるよっていう、
味噌汁の"ダシ"のほうだといいのかもしれない。

さて、稽古場の話ではないが、
俺のブログを見ている人、見ていない人の双方から、
中原中也トピックが。
中原中也いいよね?なんて言われると、
まだその良さがわかるほど、読んだことがないワタクシは、
戸惑うばかりでございます。

でも、中島敦の「山月記」はすごく好きです。
今度は嘘じゃないっす。

2009年07月19日
 ■  すがぽんWS 2009夏 第1週

7/18(土)

世田谷PTのすがぽんのWS。
昨年からあれば必ず参加するようにしてる。500円だし。

演じ手としてWSに参加すると、
いかに緊張させないで参加してもらうか、
がなによりも大事なのだと、わかる。
俺はもう受付の段階でドキドキしてるもんね。小心者だから。
まあ苦行ですよ。演技のできない演出家なりの。

関連エントリー:
すがぽん流マイムエクササイズ 第2週
すがぽん流マイムエクササイズ 第1週
水と油のクリエーション・ワークショップ 第3日目
水と油のクリエーション・ワークショップ 第2日目
水と油のクリエーション・ワークショップ 第1日目

2009年07月18日
 ■  フライングステージ「プライベート・アイズ」

「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている
日本では数少ない劇団、フライングステージの公演。
前回の公演を観て、
作、演出、主演をこなしていた関根信一さんの魅力に打たれ、
父産への出演オファーをダメモトでしてみたら、快諾していただき、
だから、関根さんが10月に印象に出ます!

「ミッシング・ハーフ」もそうだったけど、
その当時の、映画やサブカルチャーの話題を、
さりげなく台詞に混ぜ込むのがうまい。
歴史というと大袈裟かもしれないが、
作品の背景に、時代というものが、
点ではなく線で見えてくる。
いや、匂ってくるという言うべきか。

ただ、これは僕の私見だけど、
そうした脚本の特長を深く理解してる役者さんが、
少ないように思えたのが残念。
千秋楽までどこまで深められるのだろうか。
20日まで。

2009年07月15日
 ■  後輩なのに先輩

7/14(火)

今日も、くろにくるりのお手伝い。
16時からという約束だったので、
来年春にやりたいと思っている新作を書き進める。

ギャラリーで大学の後輩の有田くんと再会。
後輩だが、仲間の中で誰よりも早く、
パパになったアリ。
娘が好きで好きでしょうがないアリ。

かたや定職も持たず、
家庭を持つことも拒否する人間失格男。
アリはもう後輩なのに先輩である。

2009年07月14日
 ■  農業少女と大野舞

7/13(月)

何人かの知人、友人を、
大野舞さんの個展「くろにくるり」に誘う。
そういえば、大野舞さんは、
僕が演劇を始める直接のきっかけを作った人だ。
連れて行った人を彼女に紹介する時に、そのことがふとよみがえった。

mai20090711.jpg
(写真は11日のパーティーの様子です。)

彼女が主演して、大学内で上演した、
野田秀樹・作「農業少女」を見ていなかったら、
僕はきっと演劇をやろうなんて思わなかったに違いない。
古家寛くんの演出は今振り返ってみても斬新だったし、
なにより、あの時の大野舞さんはすごくよかった。
そして、今回の個展もすごくいい。

「農業少女」は、今年の秋に東京芸術劇場で、
タイの役者が演じるバージョンが上演され、
来年の春には松尾スズキが演出し、
多部未華子、吹越満、山崎一、江本純子が出演するものが、
上演される。

その時、僕は、あの農業少女と再会できるだろうか?

もうすでに、農業少女でも役者でもなく、
画家・大野舞になってしまった彼女の作品を眺めながら、
そんなことを思った。

2009年07月13日
 ■  座・高円寺の芸術監督、世田パブの元劇場監督

7/8(水)

世田パブの元劇場監督で、
座・高円寺の芸術監督の佐藤信さんにお会いした。

とにかく話がおもしろいし、
自分の作品だけではなく、
劇場や演劇全体のことをよく考えてらっしゃった。
座・高円寺の公園的運営とか、
自分達で掃除していない場所がきれいなのは管理されているから、
という話、だからcontrollable(=管理しやすいが規制が多い)ではなく、
自由に(時には汚れる)という運営方法にも期待してしまう。

ただ、正直、オープニング2作はそこまでおもしろくなかったからな。
劇場の色が出つつ、
おもしろい作品が並ぶのには時間がかかるのかもしれない。

2009年07月12日
 ■  父産(再演)WS7月 その1 中原中也

日本の現代詩を自分の作品に取り入れていけないか?
その試みの一回目として、
稽古で中原中也の「除夜の鐘」と「桑名の駅」を使って、
遊んでみたが、なかなかうまくいかなかった。

そもそも詩が持っているリズムが強くて、
うまく演劇にならないというか。
うーむ。

実は、現代詩や中原中也を取り上げたのは、
僕の中に、いや僕らの世代の中にと言ったほうがいいかもしれないが、
自分の身近でないものを、無かったものにしてしまう傾向があるから。
中原中也も名前こそ知っていたが、作品は読んだことがなかった。

知らないものは無いものとして振舞いがちだ。
しかし、自分が知っていることだけが世界ではない。
そのことは忘れちゃならないよね。

父産のシーン練習。
登場人物を増やすことによって、
初演とは全然違う見せ方になりそうだ。
今日やったのでおもしろかったのは、女医の登場シーン。
デタラメな医学的説明台詞は、いくらでも遊べるんだよね。
ただし、吉祥寺シアターのあの広さと拮抗するのは大変だ!

2009年07月11日
 ■  Denali's Exhibition 2009 -くろにくるり-

ブログへのコメントを長い間放置してしまっていました。
何人もの方がコメントを書き込んでくださってくれていたようですが、
大量のスパムと忙しさにまぎれて、見落としていました。
一番古いものは今年の2/6、大野舞(Denali)さんでした。

ここ一週間のコメントには順次お返事させていただきますね。
さて、その忙しさの原因を作ったのも大野舞(Denali)さん。
一昨日から表参道で個展をひらいていて、
そのオープンのお手伝いをしておりました。

img20090616.jpg

=============================================
「Denali's Exhibition 2009 -くろにくるり-」
=============================================
会期:2009年7月9日(木)~15日(水)
場所:ギャラリー Concept21
住所:107-0061 東京都港区北青山 3-15-16
Tel.&Fax:03-3406-0466
時間:11:00AM-19:00PM(最終日15時までです)

※11日(土)の16-18時は会場にてちょっとしたパーティを予定しています。

2009年07月05日
 ■  フィジカルシアター・プロペラ 夏の夜の夢

7/2(木)

思ったより、イメージで見せていく劇団ではなかったのは、残念だった。

それと、
新国立劇場の「夏の夜の夢」(演出:ジョン・ケアード)を観た時も、
感じたことなのだが、
あの膨大な量の台詞をどこもカットすることなく、
今、日本の観客に向けて上演するのは、
果たして正しいのだろうか?と思う。
ジョン・ケアード版に比べて短いとは言え、
休憩入れて3時間だからね。長い!

そして、ほとんど筋がわかっているにも関わらず、
イヤホンガイドなしに観た僕は、
他のお客さんが笑っているシーンも笑えなかった。
笑いというのは、タイミングやニュアンスが本当に大事なのだ。

僕が、今まで見て一番楽しめた「夏の夜の夢」も、
バレエの「夏の夜の夢」だったことを考えると、
笑いにおける言葉の壁の高さと、
自分の英語力の拙さを再認識させられた。

2009年07月04日
 ■  劇評・書き下ろし「化粧 二幕」と「楽屋」

週刊マガジン・ワンダーランド 第145号に、
劇評を書き下ろしました。

「化粧 二幕」と「楽屋」
~家族の解体から新しい人間関係へ 女優と楽屋をモチーフに~

現在、ワンダーランドのwebにアップされています。
今回は二つ分の公演に対する想いを編み込んだので、
かなり長文になってしまいました。
書き下ろした劇評はこちら。
http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=1076

今年の上半期に見た芝居の中では、
「春琴」(再演)と、この「楽屋」が特におもしろかったです。
どちらにも感じるのは、文化の継承ということ。
僕や僕のまわりの演劇人は100年も前じゃない先輩たちの、
ハイレベルな日本の小説や戯曲を知らなさすぎるかもしれません。

「最近、商品にはよく会うが、作品にはとんと出会わなくなった」という
岡野宏文さんから、
北村想さんの「寿歌」を薦められたので読んでみました。
(「ほぎうた」とよみます。どういう意味なのでしょう?)
僕があまり出会ったことのないタイプの戯曲で、
とくに一幕と最終幕がとても魅力的でした。
でもなぜ魅力的に感じたのかまだ頭ではわからない。

タイトルの意味も含めて、
その内、稽古場で取り上げ、考えてみたいと思ってます。