2008年05月05日
 ■  金沢21世紀美術館 「ロン・ミュエック」展

ronmueck.jpg

5月2日。午前。
私用で金沢を訪ねたついでに、21世紀美術館に行ってきた。
なかでも、おすすめは「ロン・ミュエック」展である。

ロン・ミュエックは、オーストラリア人で、
人間の精緻な模型?人形?を作る芸術家なんだけど、
何がすごいって、あんた、でかいんだよ。作品が。

俺が一番好きだった作品が、「In Bed」っていうやつだったんだけど、
シーツにくるまってベッドに座ってる女が、座ってるだけで2mぐらいある。
全長だと5,6mか?実際に自分の目で見ると、でっかいぞー。

5,6mある女の肌が、透けて見える青い血管まで細かく再現されてる。
髪の毛や体毛も、馬の毛を一本一本植えていったそうで、
ハイパーリアルなんだ。

リアルで、でかいってだけで、
グロテスクに見える。グロテスクに感じてしまう。
でも、見てしまう。見入ってしまう。
人間が心底見たいのは、人間自身なんだって思い知らされるね。

投稿者 atsuto : 2008年05月05日 22:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/267

コメント


21世紀美術館のキュレーター
長谷川祐子さんの映像があるよ。

 プロフェッショナル仕事の流儀
 www.veoh.com/videos/v6444042c79jBwHx?searchId=6153612369510280192&rank=1

 番組サイト NHK 仕事の流儀
 www.nhk.or.jp/professional/backnumber/071218/index.html

投稿者 yousakana : 2008年05月10日 19:33

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)