2007年12月31日
 ■  中国(南京)の劇団を手伝う

先日の韓国の劇団を手伝ったのに続いて、12月の28日30日は、
中国は南京から来日する劇団を手伝うバイトをした。

この南京の劇団・南京市話劇団はなんと、
国営の劇団で、役者は、演劇、テレビ、映画などの、
役者としての仕事だけで食べているとのことだった。
まあ、こっちでは、劇団四季(話劇なのでミュージカルではないが)か、
むしろ、NHKが専属の劇団を持ってるイメージに近いんじゃないだろうか?

ストーリーも、モチーフも、NHKの朝の連続テレビ小説ぽいというか、
冬ソナぽいというか、うぶな純愛三角関係ものだった。
しかも、ヒロインの女の子が背中を見せるシーンがあるんだが、
背中つーか生背中つーか、
セミヌードぽく白い背中がパッと見えるシーンなんだけど、
南京で、今までにない大胆な表現ということで話題になったそうなのだ。
我々にとってはどうってことないんだ、
だって、セミヌードの背中といっても、肩とうなじが一瞬見えただけだから。

当然、僕はそんなに面白いお芝居だと思わなかったんだけど、
南京では、観客をすごく動員してるらしく、
つまり、大衆の支持をちゃんと集めている、最先端のお芝居らしいのだ。
劇団員達もすごくプライドを持ってやってるということが、
その語調からはっきりわかった。
(中国語のアクセントは語調が強めだからかもしれないが)

同時に、
中国(南京)と韓国と日本の差異についても感じずにはいられなかった。
韓国と日本の文化と経済の差異は、ほとんどない気がする。
僕らと同世代の韓国人が、
演劇をやる・できる状況や環境も似通ってると思う。
でも、南京はなにしろ国営で、しかも観客が入ってるのだ。
NHKの視聴率がいいということは、
国民全体で見たいものが共通してるということでしょ?
南京では、"紅白の視聴率が下がり始める予兆もない"
まだそんな状況なのではないだろうか?

自国の歴史的文脈、文化的状況、経済的環境、全部ひっくるめてぶつける、
それが本当の意味で、別の国の人に自分の演劇を見てもらうことだとすると、
自国の歴史的文脈、文化的状況、経済的環境を全く知らない人に、
どうそれをぶつけるのか、そこには戦略が必要なのかもしれない。

2007年12月26日
 ■  韓国の劇団を手伝う

12月の18日19日24日と、
新宿・タイニイアリスに来る韓国の劇団を手伝うバイトをした。
日本語という参入障壁に守られている、
演劇なんつードメスティックな産業に片足突っ込んでる者としては、
時には、世界とか国際とかアジアとか、
そういう景色を見たくなることもあるんだ。
高校受験以来さっぱり起動させていない、英語脳味噌を強引に立ち上げ、
僭越ながら、日本代表お手伝いとして、新宿2丁目へと臨んだわけです。

韓国人は、それなりに仕事がテキトーで、
養生もせずにガムテープをいろんなところに貼りまくったりして、
サムスンは大丈夫なのか?と思わずにいられなかったが、
それでも愛想笑いの日本人とは違う屈託のない笑顔を見せる、
(単に俺の脳内に韓国人の表情DBが蓄積されてないから見抜けないだけ
かもしれんが) 素敵ないい奴らだった。
少なくとも、一緒にキムチを食う程度の国際交流はしたよ。松屋で。

彼らの芝居は、アリス・オーナーの好みもあってか、
どちらも、閉塞的状況からの脱出をモチーフにした作品で、
どちらも暗く、物語の遠景に豊かになって不幸になった隣国が見えた。

韓国、お前もか!

でも、
物質的繁栄をただ嘆いて見せれば、
それは、この時代に対して、誠実なのだろうか?
それは、誠実に見えて、もっとも安易なやり方ではないのか?
そんなことを通訳越しに(さすがにこれは英語では言えなかった)話したけど、
果たして伝わっただろうか?伝わったとして、正しく伝わっただろうか?
その前に、字幕なしで見た韓国演劇をこっちこそ理解できていたのだろうか?
ここでもwall of languageが立ち塞がるのであった。

兎にも角にも、直接関わらなければ見えない問題が見え、
普段は考えない問題を考えた。
そうやって、人生は問題で埋め尽くされて、問題に窒息していくのだろう。

2007年12月05日
 ■  インターネット クリエイティブ アワード2007

多分、撮影は五月だったと思いますが、
「父産」の稽古でテンパっていた時に、印象が参加した仕事が、
Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブ アワード2007 で、
クライアントワークの部で入賞作品として選ばれたとの連絡が!!
http://creative-award.yahoo.co.jp/prize2007/sakuhin9/index.html

普通に面白いページなんで遊んでみてください!
http://www.interactive-salaryman.com/pieces/crp2007_j/