2007年11月17日
 ■  "僕らの"作品

劇団印象-indian elephant-第9回公演「青鬼」
にご来場いただいたみなさん、
本当にありがとうございました。

今回もたくさん、スタッフ、役者とケンカしました。
殴り合いはありませんでしが、
ああ、やばいなってぐらいの口論はしました。
結局、それは、作品が"僕らの"作品になるための、
通過儀礼だったのかなと今となって思います。

お客さんはそう思わない。いや、お客さんもそう思う。
お客さんはそう感じない。いや、お客さんもそう感じる。
そんなことを言い合っていました。

結局、演劇は作・演出の一人の作品ではなく、
お客さんも含めた、スタッフ、役者の、
"僕らの"作品なんだと思います。
"僕の"作品ではなく、"僕らの"作品である以上、
誰かが、物言いを遠慮するような現場であってはならない。

それを踏まえて、作・演出の僕が、
何を妥協しちゃいけないのか?
やり続ける以上、付き合っていかなきゃいけない大問題です。

一人でも多くの観客のみなさんに、
"僕らの"作品と呼んでもらえるように、
また、頑張ります。

投稿者 atsuto : 2007年11月17日 11:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/189

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)