2006年11月11日
 ■  fringeのTOPICSに取り上げられる!

以前も紹介した、fringeというサイトで、
先日のまつながかよこのインタビューが、トピックスに取り上げられました。
http://fringe.jp/topics/0611.html#102

そういえば、印象が、劇団なのに、
テレビの仕事に力を入れてるように(少なくともブログ上では)見えるのは、
本末転倒なんじゃないの?なんて意見をもらいますが、
劇団所属の役者が、劇団の公演だけで食べていくのが難しいという現実がある以上、
ある程度、ギャラのある俳優の仕事をする、もしくはもらうための活動をする、
(するするづくしだな)のは、必要なことだと僕は思っています。

まあ、今の劇団印象の規模で、それを言うのが、生意気なのでしょうが。

テレビの仕事をやるのだって、お金目当てだけに見えるかもしれないけれど、
純粋に、役者の、現場経験が増すという効果もあるんです。
失敗できないという意味では、撮影の本番も、公演の本番も一緒。
一回の演劇の公演で成長できるのと同じくらい、
真剣に臨んだ一回のテレビの撮影で、役者は成長します。

テレビの現場を経て、印象の役者がどう成長したか、
是非、劇場でお確かめください。

「愛撃」のチケット予約はこちらから!
http://www.inzou.com/ticket/

投稿者 atsuto : 2006年11月11日 00:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/33

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)