2006年10月20日
 ■  不可解な感情をポップに演出したい

公演の本番が迫ってきました。
ここ3作はシチュエーションコメディをやってきましたが、
今回は、ちょっと趣向を変えて、大人の恋愛群像劇です。
やっと、毛糸やカーテンなどの小道具を使ってのシーン練習に入りましたが、
自分で言うのもなんですが、精神的に相当エロい話です。

今回の芝居のイメージは、
数年前の、僕がモテていた一年を元にしています。
あの一年間は、モテたんだよね。
少なくとも、自分ではモテていたと思いたい、イタイ一年?

いろんな経験をしましたが、自分にとってとりわけ新鮮だったのは、
俺の部屋に来て、俺の部屋の物を片っ端から、
俺に投げつけてきた女がいたこと。
なんで怒ってるのかわからないんだけど、
その俺のわからなさ加減にさらに怒って物を投げる女。
投げられながらも、こういうの面白いなあと思った記憶があって、
そういう、不可解な男と女の感情をポップに演出したい、
というのが今回の芝居の目標です。

女性の胸を出したりはしないけど、
ビジュアル的にもエロくしようと思ってるので、乞うご期待ください!

チケット予約はこちらから!

投稿者 atsuto : 2006年10月20日 12:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/18

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)