2006年10月31日
 ■  カーテンを使った演出と美術、そのエロさ!!

舞台美術のプランがほぼ決まりました。
今回もいろいろな仕掛けがありますが、
カーテンを使った演出と美術も、見所の一つです。

curtain.jpg

写真:坂口祐 you sakana
http://yousakana.com

写真は、スタッフがイメージ用に撮ってくれた、
カーテンから洩れる光と影。

一枚の布が隔てる光と影が、
男女の関係をドラマチックに演出します。
これは、かなりエロイよ!!

2006年10月27日
 ■  コンプレックスの視覚化

稽古も佳境に入ってきて、僕ものってきたので、
ちょっと、役者の紹介をば。
今回、出演者は全部で8人なんですが、
まず、脚本家役とその弟子役の組み合わせが面白い。

脚本家役:加藤慎吾の身長が162cm、弟子役:竹原じむの身長が183cm、
その差21cmは、まさにこの芝居の見所です。
(その内、写真をアップしますね)

師匠と弟子なのに、見上げる者と見下げる者の関係は、
敢えて言えば、コンプレックスの視覚化です。
立場が下でも、身長の高さは有無を言わさぬ説得力があります。
その無言の威圧感は見ていてとってもおかしい。
しかも、それを見上げる方が、萎縮するのかと思えば、
チビ役者のほうは、逆に俊敏にイキイキと動き始める。
コンプレックスは大きいほうが、面白く作用する、
また、新しい芝居ならではの醍醐味を教えられました。

2006年10月25日
 ■  「現代の肖像」北村明子氏

フリンジのブログを読んで、気になっていたところ、
昨日、たまたま霞ヶ関に行く用事があったので、
日比谷図書館で、アエラの「現代の肖像」北村明子氏の記事を読んできました。

フリンジで書かれているとおり、
舞台制作そのものよりも、
役者のマネジメントに、記事の力点が置かれていますが、
だからこそ余計に、役者が読むべき記事なのかなと思いました。

劇団がいかに素晴らしくても、年2回の本公演しか打てなかったら、
本公演でギャラが出たとしても、舞台俳優は食べていけないわけで、
公演と公演の間の時間にバイトをして、
役者としての勉強の時間(使い方は人それぞれ)を削ることになります。
しかも、それは売れてる劇団の話。
多くの劇団員たちは、さらに、チケットノルマと劇団費を抱えて、アップアップ。

"好きな舞台をやりながら、テレビの仕事ができ、生活が安定"する、
(""内をアエラの記事から引用)
ために何をするべきなのか?
それを考える端緒になる記事なのではないでしょうか?

もちろん、生活が安定することと、かかわってる舞台のクオリティーは、
必ずしも比例するわけでないことを念頭に入れつつも、です。

2006年10月24日
 ■  加藤慎吾、田中要次さんと共演!

ドラマ・HEROの「あるよ!」でお馴染みの、
田中要次さんと加藤慎吾が共演しました。

カミロボのイメージ予告篇
「居酒屋ブルーキラー」
http://www.kami-robo.com/

ほとんど後姿と横顔ですが、
最初の居酒屋のシーンに出てます。
まあ、まだほんのちょっとの出演ですが、
現場の経験を大切にしていってもらいたいな。

カミロボは、
紙で作ったロボットを自分の手で対戦させるエンターテイメント。
安居智博さんという方が10歳の頃に始めた一人遊びで、
ロボットのキャラクターだったり世界観だったりが受けて、
今、かなり注目されています。
安居さんは、Newsweek誌の「世界が尊敬する日本人」にもランクインした、
すごい人です。

2006年10月23日
 ■  三宅裕司さんの楽屋

知人に頼んで頼んで、三宅裕司さんを紹介してもらいました。
今、本公演「ナンバダワールドダンシング」の本番中で、
芝居の後、楽屋に連れてってもらったのです。

緊張しました。

まあ、今回のことで顔を覚えてもらえたとは思わないけど、
次に仕事場で会えたら、今回のこともムダではないはず。
もしかしたら、「愛撃」にも来てくれるかもしれないし。

それにしても、終演直後の汗びっしょりの状態でも、
楽屋できちんとご贔屓に挨拶をする姿を見ると、
プロだなあと思いました。
当たり前のことなんです。
見てくれる人あってのお芝居ですから。
でも、当たり前を当たり前になかなかできないですから。

僕も見習おうと。

2006年10月20日
 ■  不可解な感情をポップに演出したい

公演の本番が迫ってきました。
ここ3作はシチュエーションコメディをやってきましたが、
今回は、ちょっと趣向を変えて、大人の恋愛群像劇です。
やっと、毛糸やカーテンなどの小道具を使ってのシーン練習に入りましたが、
自分で言うのもなんですが、精神的に相当エロい話です。

今回の芝居のイメージは、
数年前の、僕がモテていた一年を元にしています。
あの一年間は、モテたんだよね。
少なくとも、自分ではモテていたと思いたい、イタイ一年?

いろんな経験をしましたが、自分にとってとりわけ新鮮だったのは、
俺の部屋に来て、俺の部屋の物を片っ端から、
俺に投げつけてきた女がいたこと。
なんで怒ってるのかわからないんだけど、
その俺のわからなさ加減にさらに怒って物を投げる女。
投げられながらも、こういうの面白いなあと思った記憶があって、
そういう、不可解な男と女の感情をポップに演出したい、
というのが今回の芝居の目標です。

女性の胸を出したりはしないけど、
ビジュアル的にもエロくしようと思ってるので、乞うご期待ください!

チケット予約はこちらから!

2006年10月18日
 ■  ホームページもリニューアル!

もうお気づきの方も多いかとは思いますが、
ホームページも、10/17にリニューアルしました。

http://www.inzou.com/

サーバーの容量なども、大幅に増やしましたので、
動画の配信なんかもできちゃうわけです。

もちろん、安易に舞台を映像にして、無料で流しちゃうのは、
舞台そのものを安売りすることになるので、
慎重にやるべきですが、予告編なら、流してもいいかなとか、考えてます。

動画配信について、こんなアイディアはどう?という方がいらっしゃいましたら、
是非、ご連絡ください!

2006年10月16日
 ■  第7回公演「愛撃」チラシ

第7回公演「愛撃」チラシのおもて面を紹介します。
タイトルは「愛撃」と書いて、アイウチと読みます。
どこかでお手にしていただけたら、とてもありがたいであります。

劇団印象-indian elephant- 第7回公演「愛撃」

日時:2006年11月22日〜26日
会場:新宿・タイニィアリス

チケットの予約はこちらから

aiuchi01.jpg

2006年10月13日
 ■  エキストラ達の金曜日

最所裕樹と加藤慎吾が、今夜23:10から、
日本テレビ「未来創造堂 第26回セコム編」に出演します。
客演の園芸家すみれ(ポップンマッシュルームチキン野郎)も、
今回は一緒です。写真は、出番を待つ3人。

extra10-2.jpg

extra10.jpg

今回は、セコムの話で、
3人の役は、警備員です。
って、写真を見ればわかりますね。

ほんの一瞬の出演だと思いますが、
もし、見られた方は感想ください!!

未来創造堂 http://www.ntv.co.jp/mirai/

2006.10.13(金)23:10〜23:40
【ゲスト】 カイヤ 東貴博
【司会】 木梨憲武 西尾由佳理

▽袋とじは男のロマン…切り方に細かくこだわる男
▽室内でコスプレ乗馬に燃えるカイヤ
▽日本初の警備会社

2006年10月11日
 ■  印象チケットを携帯から予約!

印象チケットを携帯から予約できるページを作りました。
もちろん、パソコンからも出来ます。

予約ページのURLを携帯に送信


というわけで、公演のおしらせ。

◇第7回公演「愛撃」◇

【作品紹介】

脚本家と女優の夫婦が、
ダブル不倫の果てに見た情念の銃弾を、
圧倒的なスピード感で描く、
劇団印象の恋愛喜劇、「愛撃(あいうち)」。

脚本の4ページ以降、
1ページ(約1分ぶん)につき、
3個はギャグを詰め込んだ、入魂の一作です。

【作・演出】鈴木厚人

【出演】
加藤慎吾
片方良子
きたのあやこ
岡本祐介(ペピン結構設計)
園芸家すみれ(ポップンマッシュルームチキン野郎)
他。

【日時】2006年 11/22(水)〜11/26(日) 全8公演
【会場】新宿・タイニイアリス(新宿三丁目駅から徒歩5分)
【料金】前売2000円・当日2300円(全席自由席)
【開演時間】

 11/22(水)=7:30PM
 11/23(木)=2:00PM/6:00PM
 11/24(金)=7:30PM
 11/25(土)=2:00PM/6:00PM
 11/26(日)=2:00PM/6:00PM

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。

2006年10月09日
 ■  最所と加藤、未来創造堂 第26回に出演!

最所裕樹と加藤慎吾が、
日本テレビ「未来創造堂 第26回セコム編」に出演します。

http://www.ntv.co.jp/mirai/

今回は、セコムの話で、
2人とも警備員の役で、チョイ役出演しております。
ON AIRは、10月13日予定ですが、
スポーツ中継などで変わることがあるので、
また近くなったら、お知らせします。

2006年10月06日
 ■  ブログリニューアル準備中

ブログリニューアル準備中。

旧ブログのURLはこちら。
http://inzou.seesaa.net/

kamen4.jpg