2006年04月24日
 ■  車の運転を一生しないという生き方

免許の更新のハガキが実家に届いたと弟からメールが来ました。
免許か、、、とため息もつきたくなります。
考えてみれば、もう、1年と3ヶ月くらい、
自動車を運転していませんし、
その1年と3ヶ月前に運転する前は、
さらに、9ヶ月、自動車を運転していません。
つまり、僕は、この2年間で2回しか運転していない。
きっかりと数えられます。
これは、車を持っていないからという理由だけではないんです。

僕は、何よりも、車を運転することが嫌いで、ことあるごとに、
運転をしなければいけない機会を避けてきました。
そして、僕にとっての運転免許証は、
パスポートを持っていないがゆえに、
唯一の公的な本人確認書類であるという以上の意味を持ちません。

僕も最初から、こんなだったわけではないんです。
ただ、運転する度に、緊張で手がふるえたり、
そうすると、交通法規を守ることが面倒臭くなったり、
(なんでそこまでして、赤信号で止まらなきゃいけないのか?)
何より、運転しながら、物事を考えてると、
運転そのものがどうでもよくなるという、
あまりにも、社会性から逸脱した、
自分の性格上の欠陥に気づいたので、
人を殺さない内に、運転というものを放棄することにしました。

そこだけ聞くと、
ちょっと危ない人ですが、車にさえ乗らなければ、
自分のそういう人間としての欠陥は表に出ないので、
安心して下さい。

とにかく、なんとなく、より自由に、より瞬間的に、
思いついて、0.5秒後に、
寄り道や道草ができない、車という移動装置は、
日頃、思いついたら、とりあえず、やってから考える、
落ち着きのない僕の性格に合わないのです。
そして、僕はよくタクシーの運転手とケンカするのも、
このためなのかもしれません。

それに、
歩きながら、本は読めるけれど、
運転しながら本は読めない。
運転はとても、時間がもったいない行為ではないでしょうか?
といいつつも、
友達に車で送ってもらったりするのは、とても好きなんですが。
こういう、非運転人間、不運転人間は、
やはり、少数派なのでしょうか?
もし、僕も私もっていう人がいらっしゃいましたら、
友達になってください。

投稿者 atsuto : 2006年04月24日 19:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://inzou.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/218

コメント

はい、息子にも伝えておきます。
ありがとうございます。

投稿者 あつと : 2006年04月26日 11:53

はじめまして。
言われてみれば車の運転中は時間がもったいない気がしますね。
そう!息子さんにはお世話になってます。
今日もさっきまで食事をして、最寄り駅まで送っていただきました。これからもがんばってください! 

投稿者 T.Tです。 : 2006年04月25日 23:35

アメリカは、ハイウェイの国か。。。

投稿者 あつと : 2006年04月25日 16:19

君の運転する車、一生乗らない!!!

投稿者 denali : 2006年04月25日 09:32

No Car No Life!

少なくともアメリカでは。

投稿者 いっき : 2006年04月25日 03:40

ま、運転するとその人の本質が出るっていいますよね。

わたしは齢24にして運転免許証を持っていません。(田舎なのに)だから公的身分証明はパスポートだけなので、財布に入らないからけっこう不便です。

投稿者 beat : 2006年04月24日 23:12

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)