2011年10月23日
 ■  画像付きのメール

いんぞうの旗揚げ公演の主演女優だった
きたのあやこ氏から、画像が届く。

いんぞうの現場から離れてからも
ここぞという時に、コレぞというものを用意出来るという人だ。

それは、子育てで忙しくしている今も変わらない。

でも、今日はびっくり。

唐突に不要になった着物があると
画像付きのメールが届いた。

探してますって声を掛ける前に到着するメールに驚いた。

美術で西宮紀子嬢がいんぞうに参加でしてくれるようになって
衣装の相談も、また衣装の制作も助けてもらえるようになって
随分とラクになってきたのだけど
やっぱり舞台だからね、
そういったものも当たり前に大切なわけです。

どうしても、いろんなことが決まってからじゃないと
始動出来ない部分だけど
だからこそ、助けはありがたい。

ほんとうに。

2011年10月20日
 ■  まだ、あと、1カ月欲しい

「まだ、あと、1カ月欲しい」
これは本音だ。

いつもいつも、そう思っているかもしれない。。。

約1年ぶりに来日した彼女は
もう数年日本に在住していたかの如くに
日常会話も日本語で話す。

すべてのイントネーションが正しいわけではないが
コミニュケーションに困ったことはまったくない。

しかし、今回の台詞は、またもや難しい。
現代の日本人だってメンドクサイ喋り口調の部分もあるのに
それを、損傷なく喋らせようと、私は考えている。

それに当たり前のように答えようと
日本に来ても、ほとんど遊びにも連れていけず
勉強の日々であるが、不満そうなところがまったくない。

ベクソヌは、やっぱりちょっと変なヤツだ。

2008年10月01日
 ■  第10回公演終わりました。

って、今更ながらですみません。

9月の第10回公演「枕闇」
ご来場頂きました皆様、
ご支援くださった皆様、
誠にありがとうございました。

第10回公演だったわけですが、
回を重ねる度にまた新たな壁にぶつかったりするので
敢えて節目という感じもなく
駆け抜けてしまいました。。。
「新たな壁」だけではなく、
なかなか越えられずのいつも抱えている問題なのかもしれないのですか、、、

駆け抜けられるうちは、進むことしかないのかな。
立ち止まるには、まだ早いのかな。
とはいえ、ちゃんと振り返って辿ってきた道は振り返りますが。。。

2008年05月21日
 ■  慎吾@ブラジル客演を終えて

慎吾のブラジルでの客演はどうだったのよって、、、
もちろん色んな意味で課題が上がるばかりでもあったのだけど
経験値の浅い慎吾に、出番が与えてもらえたことには
本当に感謝、感謝です。

慎吾を観るために劇場に足を運んで下さった方
また、今回は話題の公演ということもあり、
早々にチケットが売切れてしまうこととなった為
観に行きたいと思って下さった方に
なくなくチケット売切れのお知らせをしなければならない
なんて事態もありました。

ベテランの役者陣に囲まれつつも
まあ、がんばったのかなぁというところかぁ。
日々日々、もっとやれぃ、もっとやれぃと
言い続けてはみていたものの、それがどうだったのかは判らないんだけど。

慎吾にとってももちろんですが
私自身にとっても、まあ考えさせられることも多かった。
小劇場で興行を打つという出来事を間近で
ある意味客観的に視ることが出来たわけだから
貴重だったなぁと感じてます。

今後も、ビシバシ、休むことなく
鬼のようなスケジュールになろうとも
どんどん、旅をさせたい!

2007年06月08日
 ■  初日を迎えました。

初日を、、、
無事に、、、

迎えました。

初日におきたありえない事件とは。。。

きっと、なかなかおきないかなぁと
と、いうかおこさないかなぁという事柄でした。

仕込みを2日間という日程で組んだ賜物でもあるのですが
初日を迎えるという今日になって
ある決断をしました。

舞台美術の坂口祐氏に1本の電話をかけました。
ほぼ夜通し仕事をしてもらって、やっと帰宅したところ
しかも深夜の2時くらいだったでしょうか、、、

坂口祐氏は、嘘月、望遠、友霊、(愛撃では映像)と、
印象には欠かせない人です。

深夜の2時まで起きていた坂口祐氏も運がわるかったのか
(印象としては幸運だったと言えますが!)

その電話で伝えたことは
「今回の美術、坂祐らしさがいまいち無い気がするんだけど…」
という内容でした。
30分ほど電話で話をし、坂祐氏の意思確認もし
舞台美術の変更をしようと決心しました。

仕込み2日目にある程度の完成形をみて
ゲネプロも予定通り済ませた後、
劇場からの帰路での話でした。

実のところ、舞台美術班、演出班とも、
仕込み初日は、劇場に泊り込みでの作業でした。
翌日ゲネを終えて、やっと帰宅出来たところだったはずなのに…

舞台美術の大幅な変更です。
なんて言ってしまえば簡単ですが、完成した状態のものを
骨組みだけにして作りかえるという作業をしました。

残された時間で、出来る範囲内のことでやろうという話でしたが
かなり大掛かりな差し替えをしました。

初日を迎える日のゲネ後に
一斉に作業にかかりました。

完成していたはずの舞台を、まさかこの期に及んで壊すこととなるとは…
言いだしっぺの自分も驚きです。

今回初めて舞台監督として携わってくれた川田康二氏も
必死に切り盛りしてくれました。

ゲネ終了後に詳細をしらせていなかった役者陣
作業を手伝っていた面々のぽかんとした顔が忘れられません。

例え失敗しても、
やりたいことは、思いついちゃったことはやらなければ気がすまない
そんな自分が怖いです。

スタッフ、キャスト一同、ありがとう。

そして、まだまだ月曜日まで公演はたっぷりあります。

2007年02月15日
 ■  「亀」の次は?

先日の劇団印象 ワークショップ 2007

「亀」

IMGP0192070211.jpg

ご参加ありがとうございました。
主宰のブログにもあるように
初参加の面々も多く、なかなか毛色の変わった成果があったように思います。

印象にとっては、
今年はじめての稽古らしい稽古だったこともあり
中々スロースターター気味な感もありましたが
それもまた
今回のワークショップ「亀」に相応しかったかも。。。

精力的にワークショップを展開するというのが
2007年、劇団印象の課題の一つなので
今回は事前にフライヤーを制作してみたりなんてこともやってみました。
それなりに好評だったのかな?

なんせ「亀」って、一体、どーいうこと?
でしたからね。

次回は「?」何になるのかしら。

2006年12月11日
 ■  反省会廃止を掲げたい!

「愛撃」の反省会がありました。
代々何か事が終わった後には、
打ち上げ&反省会は必然的にあるものです。

しかし、どうも…
特に今の劇団印象には
反省会なんてまだまだ必要ないのでは?
と思って仕方がありません。

ここはいっそ、反省会廃止を掲げたい!

反省会をしないとは
反省しないことではないのです。

もともと、何かをやり遂げた後に反省点がないなんてことはありえなくて
そして、各自各々悪ければ悪いほど反省するもんだし
人から指摘されるまでもなかったり
また人から指摘されることがあるとしても
それは個人的に受ける機会があるべきなのではと思うのです。

みんなで集って反省出来ることなんて
きっと、次の時には簡単に乗り越えられているような問題な気がするから。
あんまり複数人で集まって本音が出るとも思えないし。

反省会ではなくて
あくまでも未来のことを話し合う場がいつだって必要なのではないかと考えます。

今日は、反省会とい名のもとに集まることになってしまったのですが
内容的には、来年の劇団印象の動きが感じられる集まりの第一歩になったかなぁというところでしょうか。

筆まめではないので、
どんなことが来年の劇団印象に起きるのかはなかなか記せませんが…

2006年12月02日
 ■  いざ出陣

いざ出陣の気分でオーディションに行きました。
総勢7名です。

急な話だったにもかかわらず
みんなスケジュールを調整しました。

学校やらバイトやら色々でしたが
オーディション受けたい!という役者の気持ちを受けて
先方にも時間の調整をお願いしました。

スケジュール確保したものの
今度はプロフィールの作成に翻弄。。。
プロフィールといえば、やはり写真に尽きます。
この写真。
まったくもって、ないというメンバーが多い。
稽古場で写したスナップやらを駆使して探し
どうにかこうにかプロフィールらしくまとめる。

そんな中でたったひとり、
きちんとした宣材写真を用意していた役者がいました。
彼女はまだ劇団印象の舞台には出演したことのない女優ですが
「愛撃」の出演交渉をしたひとりでした。
「愛撃」へはスケジュールの都合で出演がかなわなかったのですが
オーディションへの参加を積極的に希望してくれました。

やる気もあって、行動力もあって
そしてそれを裏付ける何かもきちんと持ち合わせていることは
一緒に仕事をしていく上で嬉しいことだと感じました。

オーディションとしては、
おそらく、90%誰も残れなそうな感じでしょう…
短時間で自分を売り込まなくては勝ち残っては行けない
という世界であることを経験するには良い機会になったのではと思います。
公演終了後間もない時期に仕事の現場でみんなと顔を合わせられたことも
なかなか大切な時間になりました。

役者やアーティストを売り込んでいくことが
自分に課せられている仕事であるんだと明確になった一日でした。

2006年11月26日
 ■  楽日です。

楽日を迎えました。

ここ数回の公演、第4回「空白」、第5回「望遠」
そして前回の公演第6回「友霊」とすべて週末の3日間、全5回公演というスタイルでした。

今回の第7回公演「愛撃」は、劇団印象にとってちょっとだけロングランでした。

といっても6日間、全8公演だったのですが…

2回続けて同じ小屋「タイニイアリス」でやれたことは有利だった。

公演期間中のほんの数日間であるはずが
密度濃く過ごしているせいか
ホームにいるような気分を感じられます。

劇場を選ぶ時、もちろん色々なことに慎重にもなるのですが
何よりもその小屋がもつ空気感を重視しています。
タイニイアリスを選んだポイントもそこでした。

ロングランだなんて臨んでいましたが
あっという間です。

また次回もここで逢いましょう。

2006年11月22日
 ■  楽屋が自慢

楽屋が自慢。
きれいな楽屋をあとに
なんと、帰宅出来ました。

明日、というより、
本日初日を迎えます。
迎えちゃいます。。。

今回の印象は、またしても成長をしたような感じであります。
赤ちゃんの授乳期のような成長っぷりです。

劇場にはおおよそ1日前から公演準備の為の仕込をしています。
いつものように、あれよあれよと時間は経過して
あっという間に初日を迎えてしまいます。
たったの1日なので、仕込み日は、小屋で夜通し作業なんてこともありました。

大人数での作業なので、舞台も楽屋もてんやわんやなのですが
たくさんの小道具や機材、そして衣装
はたまた飲食物と、楽屋はごった返しているのですが
今回の楽屋は、みんな積極的に整理整頓してくれている為
とてもきれいに維持されています。
物であふれているのにきれいです。

いつもいつも口うるさく片付けのことをダメ出ししていたのですが
今回は、合格点はクリアしちゃいました。今のところ…

劇団印象では、役者陣にも小屋入り後スタッフの一員となって仕込みのメンバーに加わっています。
客演陣がほとんどの我が印象なのですが
役者もスタッフもなんだか一丸となって精一杯やっていることがしっかり実感出来ます。

そんな公演が盛況であるよう
祈らずにはいられません。

みなさん、新宿2丁目、タイニイアリスにお席をご用意してお待ちしてます。
本日、11月24日、19:30 はじまりはじまり~

「愛撃」のチケット予約はこちらから!
http://www.inzou.com/ticket/

2006年10月21日
 ■  劇場下見

劇場の下見に行ってきました。
前回公演に続いて、今回も新宿タイニイアリスでの公演なので
「勝手知ったる小屋」と私の中では位置づけてしまっているのですが
そう、今回の公演で新たに力をお借りする新たなる面々がいたのでした。

新たに舞台美術を引き受けてくれた、大貫仰氏。
(以前から印象の公演で美術班に加わっていただいていた方です。)
そして、前回に続いて照明プランを立てるshamballaクン。
ニューフェイスは公演中、照明のオペをしてくれる内山和美さん。
(最近、紹介していただいた若手の照明屋サン♪)

そんなメンバーで新宿2丁目に繰り出しました。

ご存知の方も多いかと思いますが
タイニイアリスは新宿2丁目のど真ん中にあります。
新参者なのであまり深くは語りませんが…

劇場の下見は、スケジュールの関係で急なことでした。
タイニイアリスさんに無理を言って21時~特別に時間をわけていただきました。
↑この場を借りまして、タイニイアリスさん、関係者の方に御礼を申し上げます。

というわけで、夜の新宿2丁目の雰囲気をかみしめました。

劇場下見の具合というより、
現在のスタッフの様子は、
いつになく勢力的であり、建設的であり
なんだかイイ感じです。
なんだかイイ雰囲気だとしか言いようがないのがもどかしいのですが
これはもう、本番に繋げるしかないのかな。。。

過程も大事ではありますが、
やはり、結果あってのコトだから!

舞台美術に定評のある劇団印象、今回も期待していただきたい!

2006年10月08日
 ■  稽古場日誌@2006・10・7

立ち稽古。

そうか、ついに立ち稽古まで来たのか…

11月公演のキャスティング前である為、
まだ "ワークショップ"として行っています。

今日は、久し振りに昼間から開始の稽古。
バイトだの仕事だのがあまり関係なく始められる一日であったのだけど
やっぱり開始時間に全員集まってはいなかった。

みなさん、遅刻はしないように。。。

私が認識している中で、過去一番の遅刻魔、S吾が
モーニングコールなしでも遅刻の心配がめっきり減った。
S吾は、遅刻ならまだしも、来ないということも成し遂げていたが
最近は、早朝のロケにもちゃんと早めに集合するようになったし、
稽古場の鍵も一番に来て開けたりしている。
少しばかり頼もしくなったものだ。。。

スローなスタートだったし、12時-17時と決して長い時間ではなかったのだけど
稽古中に着実に成長する姿をみるのは、素直に嬉しいものだ。

珍しく、仕事事情でなく遅刻してしまった、Bサマ。
ある稽古の中で魅せてくれた、ヘンチクリンなダンス(?!)シーンにちょっとワクワクした。
もっと、プチンと弾けてしまう日が来ることを密かに期待。

Gっちゃん←ここまで書いたらイニシャルの意味なしか…
Gっちゃんが稽古の中で見せる伏せ眼がちな視線の色気とかイイ。

今回客演のYすけは、器用そうなキャラでもあるんだけど実はそうでもない。
もっともっと困り果てるような仕草を見てみたいものだ。

そしてなんといっても今週の稽古を盛り上げてくれたのは
いつも、多々提携をしてもらっている
ポップンマッシュルームチキン野郎のメンバーだ。

ポップンの面々は芸人揃いだ。
そして、みんなとにかく根が真面目である。
しかしながら、打ち出してくるものは、かなり変で面白い。
真面目人間が、さらりとみせる笑いのセンス。
ぐっと、明るく稽古場を染める。感心。

まだまだ確定していない脚本の一部を握り締めての立ち稽古も
集中途切れず観ることとなる。

本番の日も、この鮮度を何としても届けたいものだ。

2006年09月20日
 ■  今日の出来事

朝もはよから晩まで、ロケに行ってきました。

俳優である為に一番必要とされる性分とは、
「待つことに苦を感じない性格」ということではないかと思ってしまうほど
この仕事は待ち時間が長い。

そしてその事を苦痛と感じたりしいないことからまず始まるようだ。

珍しく誰も遅刻せずに集合し、ロケ現場にも10分前に到着したが、
着いていきなり言い渡されたのは、
出番の予定だったシーンが一つ減ってしまったことと
その為に空き時間が出来てしまったことだった。

幸い、近くにファミレスがあり早速4人で向かった。
気のあった3人息子たちなので、久し振りに集うのもまたイイ感じ。
早起きしたことにそんした気分は全くない。

現場に入ってからも、3人とも同じ役柄(警備員の役でした。)の衣装に着替え、まるでこれからお笑いライブでも始めるかのごとくだった。

今日は「台詞がない役」と判っていたが、
その件に不服もなく、今日という現場を満喫していたようだ。
現地入りしてる役者の数は多かったように思う。
そして同じく出番を待っている状況が続く。

出番の多い役者さんたちは、どうやら同じ事務所から一緒に来ている様子で、事務所の方も同行していた。
同じ事務所ではないにしても、顔見知りであることには間違い。

「事務所の人間」と同じような立場で乗込んでいる自分であったが
ナガ~イ待ち時間を抱えているばかりの印象組では
全くもって機能してない自分を感じてしまいがちだったのだが
ココはもうど~んと見届けることのみぞ自分の仕事だと腹を決める。
しかも、今日は3人で乗込んでいたことも支えになっていた。

未来創造堂初のすみれも、現場で「すみれちゃん」と可愛がってもらう。
前回、長野ロケを経験した最所は、すっかり顔馴染みの風格を出す。
番組最多出演を果たしている慎吾は、まだ茶髪な慎吾の髪の毛を黒髪レトロ調にしてくれているメイクさんに「髪の毛の色がやっと落ち着いてきたね。」と今日もセットしてもらった。

継続には意味があるもんだ。

さて、OAはいかなる状況かは神のみぞ知ることなのだけど
夕方頃の出番で、3人があげた歓喜の声が台詞としてはっきり聞こえた!
現場はせまいし、たくさんのスタッフさんもいるので、
モニターをチェックすることも満足に出来なかったのだけど
3人が芝居をしていることを確認した。

確かに自分の任務を果たしたかと思えた瞬間。
今日の出来事でいちばん嬉しかった瞬間かな。
敢えて大袈裟に言うならばなのだけど…

投稿者 kayoko : 23:50
2006年09月17日
 ■  東京タワー

未来創造堂を生で見た。
「東京タワー編」であるのだけど、私的には「慎吾編」となっている。
http://www.ntv.co.jp/mirai/

今回の撮影には同行していなかったが
一言ほどは台詞があったとの報告を受けていた。

撮影に同行しなかった時には、後でいつも後悔する。
どんな内容だったかは、やはり自分の目で確かめておきたかったと思うからだ。

台詞はある、ちゃんと映ってると思うと言われていても
OAまで実際にはわからない。

今回の東京タワー編については
確かに台詞を喋っていたし、慎吾だと認識出来た。

でも、フェンス越しであり、台詞のシーンはほとんど横顔である。
前回の背中だけよりはよかったけど。

それでも、顔をほころばせる自分がいた。
と同時にまだまだ長い道のりを感じる。

最近知り合った知人に、事前に番組のことを話していたところ
電話で簡単に話していただけにも拘わらず、
しかも慎吾のことを全く知らないにも拘わらず、
番組にチラッと映った慎吾を見つけてくれた。
翌朝、見ましたよ~とメールをくれた。

テレビの力?なのだろうか…
来週、また同番組への出演依頼をゲットしている。
いずれにしても継続が大事。
今度の撮影には必ず同行することを決意!

投稿者 kayoko : 01:38