2006年10月21日
 ■  劇場下見

劇場の下見に行ってきました。
前回公演に続いて、今回も新宿タイニイアリスでの公演なので
「勝手知ったる小屋」と私の中では位置づけてしまっているのですが
そう、今回の公演で新たに力をお借りする新たなる面々がいたのでした。

新たに舞台美術を引き受けてくれた、大貫仰氏。
(以前から印象の公演で美術班に加わっていただいていた方です。)
そして、前回に続いて照明プランを立てるshamballaクン。
ニューフェイスは公演中、照明のオペをしてくれる内山和美さん。
(最近、紹介していただいた若手の照明屋サン♪)

そんなメンバーで新宿2丁目に繰り出しました。

ご存知の方も多いかと思いますが
タイニイアリスは新宿2丁目のど真ん中にあります。
新参者なのであまり深くは語りませんが…

劇場の下見は、スケジュールの関係で急なことでした。
タイニイアリスさんに無理を言って21時~特別に時間をわけていただきました。
↑この場を借りまして、タイニイアリスさん、関係者の方に御礼を申し上げます。

というわけで、夜の新宿2丁目の雰囲気をかみしめました。

劇場下見の具合というより、
現在のスタッフの様子は、
いつになく勢力的であり、建設的であり
なんだかイイ感じです。
なんだかイイ雰囲気だとしか言いようがないのがもどかしいのですが
これはもう、本番に繋げるしかないのかな。。。

過程も大事ではありますが、
やはり、結果あってのコトだから!

舞台美術に定評のある劇団印象、今回も期待していただきたい!

2006年10月08日
 ■  稽古場日誌@2006・10・7

立ち稽古。

そうか、ついに立ち稽古まで来たのか…

11月公演のキャスティング前である為、
まだ "ワークショップ"として行っています。

今日は、久し振りに昼間から開始の稽古。
バイトだの仕事だのがあまり関係なく始められる一日であったのだけど
やっぱり開始時間に全員集まってはいなかった。

みなさん、遅刻はしないように。。。

私が認識している中で、過去一番の遅刻魔、S吾が
モーニングコールなしでも遅刻の心配がめっきり減った。
S吾は、遅刻ならまだしも、来ないということも成し遂げていたが
最近は、早朝のロケにもちゃんと早めに集合するようになったし、
稽古場の鍵も一番に来て開けたりしている。
少しばかり頼もしくなったものだ。。。

スローなスタートだったし、12時-17時と決して長い時間ではなかったのだけど
稽古中に着実に成長する姿をみるのは、素直に嬉しいものだ。

珍しく、仕事事情でなく遅刻してしまった、Bサマ。
ある稽古の中で魅せてくれた、ヘンチクリンなダンス(?!)シーンにちょっとワクワクした。
もっと、プチンと弾けてしまう日が来ることを密かに期待。

Gっちゃん←ここまで書いたらイニシャルの意味なしか…
Gっちゃんが稽古の中で見せる伏せ眼がちな視線の色気とかイイ。

今回客演のYすけは、器用そうなキャラでもあるんだけど実はそうでもない。
もっともっと困り果てるような仕草を見てみたいものだ。

そしてなんといっても今週の稽古を盛り上げてくれたのは
いつも、多々提携をしてもらっている
ポップンマッシュルームチキン野郎のメンバーだ。

ポップンの面々は芸人揃いだ。
そして、みんなとにかく根が真面目である。
しかしながら、打ち出してくるものは、かなり変で面白い。
真面目人間が、さらりとみせる笑いのセンス。
ぐっと、明るく稽古場を染める。感心。

まだまだ確定していない脚本の一部を握り締めての立ち稽古も
集中途切れず観ることとなる。

本番の日も、この鮮度を何としても届けたいものだ。